そういう時代だったね ディスコブームと陸サーファー

2017年10月28日

ディーパー(DEEPER) サーフボード 入門用3点セット 5'11" ショートボード ソフトボード レッド  入門用にも最適!

昭和53年、ジョントラボルタ主演のハリウッド映画「サタデーナイトフィーバー」が公開されるや東京・新宿を中心に第一次ブームとも呼ばれるディスコブームが起こります。

男性はジョントラボルタの劇中の衣装を真似て、コンチネンタルと呼ばれ襟幅、パンツの裾幅も広めのスーツにワイドカラーのドレスシャツをノーネクタイで、ミドルヒールのパンプスが多かったですね。けっこう、お金をかけていたと思われます。

女性はロング丈のワンピースでしたか。皆で前面の大鏡に、同じ方向に向って、同じステップで一心不乱に踊っていた記憶があります。

「なんとなくクリスタル」「オールナイトフジ」など、女子大生が脚光を浴びるようになると、ディスコブームの中心が東京・六本木に移り、女性向け雑誌のJJやfineなどが名づけた「サーファーディスコ」ブームが起こります。

裏生地を使ったアロハシャツやマジア、セルジオ・タッチーニ、フィラなどのイタリアブランドのポロシャツ、ファーラーのホップサックのパンツやリーバイスのコーデュロイパンツに身を包んだ、サーファーぽい男の子と、これまたイタリアブランドのスキニーなポロシャツにエンジェルスフライといったブランドの、ダブルニットのパンツか、8枚はぎのムートンのミニスカートのこれまたサーファーぽい女の子が、ジョバン・ムスクのコロンの匂いの中でひととき踊ります。

こちらは何となく円形になり、輪の中心に女の子が、他の人が周囲を幾重にも囲んで踊るというスタイルが多かったです。

これは当時、一世を風靡した「陸(おか)サーファー」でしたね。フォルクスワーゲンゴルフのルーフにサーフボードを載せていながらスイムスーツは持っていません。そして海よりも西麻布や自由が丘に車を止めている時間の方が長かったかな。

それはそれで、楽しい時代でした。そういう時代だったね。

当時の女の子はショップで店員さんに、「一生ものですから」と勧められて8枚はぎのムートンのミニスカートを買わされたのではないのでしょうか。

それって、今も持っていますか?