関ジャニ∞のムードメーカー 丸山隆平

フォト4枚セット 丸山隆平 「KANJANI∞ LIVE TOUR 2008 ∞だよ!全員集合 夏だ!ツアーだ!!ワッハッハー!!!」

関ジャニ∞のムードメーカーと言えば、みなさん思い浮かぶのが丸山さんですよね。いつも一発ギャグをして、その場を和ませています。まぁ、スベることも多々ありますが……。笑わせようと思ってやったギャグ等がさっぱりウケなくて、ふとした言動がメンバーの笑いのツボにハマることもあります。 TVとかで一発ギャグをすると、たいていスベるんですよね(笑)。「やっちまった」と言う空気にはなりますが、私はそんな空気の中でもメゲない丸山さんが好きです! あと、ふざけちゃいけないとこでふざけて、村上さんや横山さんに注意されているのに、それでもふざけ続けて、村上さんにガッツリ怒られて、オロオロしている姿も好きです(笑)。

 丸山さんは、関ジャニ∞の中で唯一の京都府出身。 1997年~1998年に京都駅ビル内のシアター1200劇場で上演されていた『KYO TO KYO』という舞台(主演は、現在嵐で活躍中の大野智さん。)にJr.時代出演していました。 あまり目立つポジションではなかったのですが、それでも腐らず、事務所も辞めず頑張っていました。この『KYO TO KYO』は、ほぼ毎日、しかも一日3回公演だったそうで、平日の客席はガラガラだったそうです。なので、この京都の舞台は「魔の京都時代」とも言われています。 この舞台には、他の関ジャニ∞メンバーも出ていました。当時、横山さんだけちょっと別格扱いだったのを覚えています。 当時、まだ事務所に入って間もなかった頃だったので、客席がガラガラでも、あまり気にならなかったのではないのでしょうか?

 話はそれましたが、丸山さんの魅力は一発ギャグだけではありません。 ベースは勿論のこと、歌も上手いんです!関ジャニ∞のメインボーカルは渋谷さんなので、丸山さんは安田さんと共にハモり役に回ることが多いのですが、1st ミニアルバムの『感謝=∞』に入っている「DREAMIN’ BLOOD」での大サビ♪大きく 帆を広げ 風を受けていた あの頃を いつも忘れないさ♪の部分がすごく爽やかで優しい歌声で素敵です!! 歌声に人柄が出てますよね。優しくて、爽やかで、細やかで、穏やかで……。 これからも優しい丸山さんで居て欲しいです。