VRで遊ぶためにHTC ViveとゲーミングPCを買ってしまいました

2017年10月2日

HTC Vive バーチャルリアリティ ヘッドマウントディスプレイ VRヘッドセット [並行輸入品]

HTC ViveとゲーミングPCをVRのために買ってしまいました。35万円。VRとはVirtual Reality バーチャルリアリティ→仮想現実の略です。最近ニュースでちらほら見かけたりしますよね。ゴーグルをつけて、作られた現実に入り込むというアレです。ゲームセンターに導入されたり、PlayStationでVR対応ゲームが秋ごろに発売されるなどの動きがあるみたいですが、このVRを個人がPCで楽しめるという話を聞き、一度体験してみたくて我慢できませんでした。

なぜHTC Viveを買ったのか

現状、個人がVRを楽しめる機器の選択肢は少ないです。VRゴーグルのシェアのニュースを見ると、シェア争いをしている機器が4種類しかありません。そして、そのうち3種類はOculusシリーズなので、実質的には一騎打ち状態。

4~7月のVRゴーグルシェア、HTC Viveが64.71%でOculusの31.35%を抑えて圧勝
http://business.newsln.jp/news/201608160223330000.html

次に、ViveかOculusのどちらを選ぶかということですが、それぞれの特徴としてはざっくり以下のような感じだと思います。なので、お金があればViveを買うのが良いのではないかと。

Oculus

  • 値段が安い
  • 座ったままプレイ
  • コントローラがついていない
  • 対応ゲームタイトル数が少ない

使用イメージはこんな感じです。机にセンサーなどを置く感じ。
Oculus
引用元:https://www3.oculus.com/en-us/blog/oculus-rift-is-shipping/

Vive

  • 値段が高い
  • 立って動き回れる
  • 持って振り回せる専用コントローラ付属
  • 対応ゲームタイトル数が多い

使用イメージはこんな感じ。動き回る空間に合わせてセンサーを設置し、立って使えます。

引用元:http://steamcommunity.com/games/343740/announcements/detail/598224818528337234

なお、Viveに対応した「Fallout 4」を2017年に発売するということがベセスダ・ソフトワークスから既に発表されています。 ベセスダ・ソフトワークスはOblivionやSkyrimなどを作った会社で、Fallout 4も世界中で人気のタイトルです。こういう動きからも、OculusよりもViveがシェア争いの一歩先を進んでいると言えそうです。

VR版『Fallout 4』が2017年に発売
http://www.moguravr.com/fallout-4-vr-vive/

一方で、PlayStationVRが発売されたら、シェアを一気に持っていく可能性が高いです。ただ、PCとゲーム専用機という違いはあるので、ある程度の住み分けはされるんだろうと思います。そして、GoogleがVRデバイスを近々発表するという話もあります。 Oculusが年内に専用コントローラを発売し、それでシェアを伸ばすかもしれません。VRゴーグル開発会社のシェア争いは、 時間の経過とともに刻々と変化していきそうです。まだアーリーアダプターしか買っていないくらいの状態で、一寸先は闇です。まだまだどうなるかわかりませんが、現時点ではViveが良いのではないかと思います。もちろん、待つのも手です。俺は我慢できなかっただけですので。