ちょっとしたコツで介護も笑顔に「認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ」

2018年4月7日

認知症の人がスッと落ち着く言葉かけ (介護ライブラリー) | 右馬埜 節子 |本 | 通販 | Amazon

認知症の人ってどんな人かと言われると、物忘れが多くて食事をしたことを忘れる、季節や日にちが分からないなどといったことがすぐに想像される事柄かもしれません。認知症の方の行動は人それぞれであり、時には暴言や拒否など介護する側にとっては厳しい状況となることもあります。そのような辛さを感じるときに読んでみるとまた介護の仕方や考え方が変わるかも知れません。

認知症の人との関わり方、ちょっとしたコツで誰でも実践できるような内容が書かれています。家族での介護にも施設等での介護にも役立つものとなっています。漫画もあり分かりやすい文章なので専門的知識がなくてもすぐに読めて理解しやすいです。あっ、こんなことあったなと思う場面にも出会えます。
ベテランの経験豊富な相談員が2000ケース以上もの対応をしたことをもとに書かれており、様々なケースがいるからこそ、これだけの経験から書かれている認知症の方への対応のノウハウは分かりやすく納得するものがあります。
認知症の方の言葉として、ありもしない物を盗まれたと騒いだり、暴言をはいたり、大声を出したり、自宅にいるのに帰ると言ったり、他の人とケンカをしたり、必要な介助を拒否したりと様々なことが起こります。
機転のきく返しにより、声かけなどを工夫するだけで本人が落ち着いたりして、家族などのストレスも軽減されていきます。
ボケざまは生きざまとも書かれていますが、認知症となってもその人のそれまでの経験など確かなものがでも目に見えないものがあり、その生きざまを敬うことも必要だとも気づかされます。

認知症の本は様々なものが出ています。認知症の理解についてや構造についてなどもありますが、なぜ認知症になるのかどういう構造かは人それそれであり、実際に認知症の方と関わっていく上ではこの本のように分かりやすい接し方はすぐに実践できます。専門的な知識がなくても実践できて認知症の人が落ち着く言葉かけを行うのに役立つ豆知識的な本になっています。