【肉×野菜】の最も美味しい食べ方 〜豚肉×蓮根編〜 有名ホテルの料理長を務めた祖父直伝!

2015年8月13日

はじめに

私の亡き祖父は、生前は有名ホテルで料理長を務めておりました。

そんな祖父の口癖は、

「肉だけを焼いて調理しても、味は確かに美味いが、体はそんなものを求めていない。
本当に料理の上手な人とは、己の体をよく知り、野菜を肉や魚と上手に組み合わせたり、野菜だけでも美味しく調理できる人のことだ」

でした。
そんな祖父の作る料理や、畑で育てた野菜は、決して誰にも再現することのできない美味しい味でした。

きっと祖父の

「料理人としての矜持」
「料理に対する愛」
「食材への敬意」
「食べてもらう人への想い」

などが、決して他人には真似することのできない味を作っていたのでしょう。

そんな祖父の背中を見て、私自身も心の底から料理や食べることが大好きな人間に成長いたしました。
さて、前置きはこの辺にしたいと思います。
ここで本題に入り、祖父が私に直伝してくれた、本当に美味しい【肉×野菜】のレシピを公開したいと思います。

今回ご紹介するのは、【豚肉×蓮根】の、豚ひき肉と蓮根を使った料理です。

レシピ名
「豚肉×蓮根 蓮根の挟み焼き」

image

材料(4人分)

豚ひき肉 300グラム
蓮根 300グラム
玉ねぎ 中サイズ1個
生姜 一かけ
○醤油 大さじ1
○塩胡椒 少々

◎醤油 大さじ2
◎砂糖 大さじ 2
◎みりん 大さじ2
◎酒 大さじ2

片栗粉 適量
サラダ油 大さじ1

作り方

1.豚ひき肉と、玉ねぎ・生姜のみじん切り、○の調味料をボールに入れ、粘り気が出るまでよくこねる。
蓮根は薄切りにして水にさらす。
◎の調味料は合わせておく。

2.蓮根の両面に片栗粉を薄くつけ、1の肉を挟む。
ぎゅっと押し付けて、蓮根の穴に肉が入り込むようにする。
横にはみ出た肉は整える。

3.全ての形成が終わったら、側面に満遍なく片栗粉をまぶす。

4.熱したフライパンに油を入れ、3を焼いていく。
焦げ目をつける。
蓋をして中まで火を通す。
火が通ったら、合わせておいた調味料をまわしかけ、煮詰めながら全体に絡める。

以上で完成です。
これは本当に美味しい逸品です。
多少手間がかかりますが、これほど美味しい蓮根と豚肉の食べ方を、私は他に知りません。

蓮根がお好きな方はぜひお試しくださいませ。

次回の記事では、私の祖父についてと、【豚肉×蓮根】のレシピをご紹介いたしました。

次回は、私の料理に対する想いと、【鶏肉×大葉×梅干し】の美味しい料理をご紹介いたします。

よろしくお付き合いくださいませ。