TEACからUSBデジタル出力付きのダブルカセットデッキW-1200登場

ティアック ダブルカセットデッキ(シルバー)TEAC W-1200

今、オーディオ界隈ではアナログメディアの見直しの動きが大きくなっているように思います。ソニーでは自社でアナログレコードのカッティング、プレスを再開するとのニュースも出ていました。

東芝からはカセットテープをA/D変換したのちアップコンバートして再生出来るラジカセも登場しています。アナログレコードプレイヤーにA/Dコンバータを内蔵して、再生した音をハイレゾ相当のサンプリングレートでデジタル化、USBコネクタからパソコンに取り込める機種も出ています。

そんな流れを受けてか、TEACからはアップサンプリングこそ行なわないものの、カセットテープの音声をデジタル化してパソコンで録音出来るダブルカセットデッキが登場します。

今回はこの製品、TEACのW-1200を取り上げます。

なんだか懐かしい響き、ダブルカセットデッキ

カセットデッキは一般ユーザーが、誰でも比較的簡単に音楽やラジオ放送を録画可能なメディアとして非常に広く普及しました。

テープ幅が狭くテープの走行速度も遅いため、音質面では今から考えるとかなり低い限界があったのですが、何より手軽に扱えることから多くの家庭で使われていたと思います。

カセットテープが幅広く使われていた時期は「システムコンポ」や初期の「ミニコンポ」が流行っていた時期でもありますので、カセットデッキやダブルカセットデッキも多くの家庭で使われていました。

その後のデジタルメディアの爆発的な普及で、カセットテープも含むアナログメディアはいっぺんに市場がしぼんでしまいました。ですが近年、アナログの(絶対的な音質面ではない)音の良さが見直される形で、徐々に復権してきたイメージですね。

W-1200もそんな流れに乗る形で、どこか懐かしい名前のダブルカセットデッキとして世に出ます。

スペック

W-1200のデッキ部は1Wayタイプ。カセットテープは双方向での録音が可能になっていますが、そこを自動で対応してくれる「オートリバース」機能は持っていません。よく考えたらオートリバースと言う名前も懐かしい響きですね。

カセットテープには音響特性の異なる4種類の磁気媒体がありますが、W-1200ではそのうち一般的だった、ノーマル、クローム、メタルの3種類を自動認識して録音/再生が可能です。

カセットテープの音質上の弱点は「ヒステリシスノイズ」という雑音レベルが高いことで、ノイズフロアが高い分もあってダイナミックレンジが狭くなっています。この改善を目指したノイズリダクションシステム「ドルビーB NR」もきちんと搭載しています。

また、今風のオーディオ機器として、カセットテープの音をデジタル化してPCに出力出来る機能を備えているところも特徴でしょう。

サンプリングレートは16bit/48kHzでハイレゾ対応ではありませんが、カセットテープの音質を考えるとこの程度でも十分と言えるかもしれません。

本格コンポ

W-1200は5万円程度での販売が予想されています。

お値段面からもかなり本格的なコンポーネントオーディオとしての格が感じられますが、ルックスもとても高級感があって本格オーディオらしい雰囲気になっています。

FL管を使ったレベルメーターなどを含むディスプレイなども、以前のシステムコンポの雰囲気をしっかり演出してくれていますね。

今でもカセットテープを大事に保存している方もいらっしゃるでしょうから、こういった機材を活用して音源をデジタル化、長期保存出来るようにするのも良い選択かもしれませんね。