相撲界のしきたり

そもそも横綱とは、どのような意味があるのか

まず、大相撲の世界で最高位の番付が横綱です。一般的にもチャンピオンやナンバーワンという意味でも使われることがあります。プロを志す力士たちが目指す先は、この横綱ということになりますが、これまでに ...

相撲界のしきたり

幕下以下でも給料は少し貰える

まず、大相撲の力士は日本相撲協会の協会員として登録されており、一般企業の会社員として働いているのと近いと考えて良いと思います。ですが、正式なメンバーとして見なされるのは十両以上の関取になってからで、幕下以下 ...

相撲界のしきたり

力士の体づくりについて

力士は、日本相撲協会などから報酬や給料を貰い、肉体1本で稼いでいることを考えるとプロスポーツ選手の1種と考えた方が良いと思います。そこで、力士はどのようにしてプロスポーツ選手としての体を作っていくのかを、ふれてみ ...

相撲を楽しむ

相撲観戦方法は色々ある

大相撲を生やテレビ放送で観戦する際には色々な見方があります。本場所では朝早くから序ノ口力士など番付が低い方から順に取り組みが進み、実に9時間程度相撲を見ることができます。1日当たり約160番の取り組みがあり、テレ ...

相撲界のしきたり

呼出は土俵づくりの主人公である

大相撲の世界で呼出の仕事は本場所を中心に何種類も存在していますが、その中でも、有名なのは力士たちが土俵に入る前に扇子を広げて「ひが~し、××の海、××の海」のように、2回ずつ声を出して紹介して、去っていく ...

相撲を楽しむ

大相撲は、NHKの総合テレビで午後3時ごろから3時間、衛星放送で午後1時から5時間放送されていますが、国会中継や高校野球のような他のスポーツ中継などが入った場合は短縮されて最短だと50分程度です。実際には1日の本場所の興行は朝8時45 ...

相撲界のしきたり

相撲部屋に入門すると、普段の生活とは一変すると思います。そこでは、力士として強くなるために、正しく太ることと、関節の柔軟性を高めることの2つが仕事の一つで、それらは相撲界独自の食事と稽古方法によって成せることです。相撲部屋の生活は上下 ...