相撲界のしきたり

相撲教習所とは、相撲部屋に入門した新人力士が通う学校のような施設です。場所は両国国技館にありますが、裏側の一角に設けられているので、普段は目に付きにくく、始めは見つけるのに少し苦労したほどでした。教習所は今年で出来て60年になります。 ...

相撲界のしきたり

床山とは、一般的には歌舞伎や舞台などで使われる、かつらを作る職業として有名ですが、大相撲の世界では、髪の毛を結う専門の職業で、日本相撲協会の職員として位置づけられています。床山も力士と同じように相撲部屋で生活することになります。定員は ...

相撲を楽しむ

力士も人間なので、キャラクター性が1人1人異なっていて、それらの個性や強さなどによって人気が出るか否かが決まってきます。

力士プロフィール – 千代丸 一樹 – 日本相撲協会公式サイト

相撲界のしきたり

行司の仕事として一番目につくのは、やはり取り組みの時に力士2人の真ん中に立って、両者を合わせて「ハッキよい!」や「待ったなし!」という掛け声でスタートを指示し、勝った力士の名前を読み上げる姿だと思います。これだけだと、アマチュア相撲や ...

相撲界のしきたり

大相撲では、関取になれるか、慣れないかで生活のスタイルやステータスが大きく違ってくるので、力士に成る人の殆どは、この関取になることを夢見て日々精進しています。この関取は番付でいうと幕内と十両の力士のことをいい、それ以下、即ち幕下力士以 ...

相撲を楽しむ

テレビ番組などで、相撲をテーマに取り上げたもので、たびたび贔屓力士を持った方が相撲を面白く見られると力説する親方やファンを目にすることがありますが、私は別にそのような必要はなく、むしろ変わっていく方が自然ではないかと私は思います。ちな ...

相撲を楽しむ

相撲、とりわけ大相撲の世界では相撲を実際に取る力士だけに注目されがちですが、実は他にも多くの人達が活躍しています。まず、大相撲では力士は日本相撲協会の構成員という位置づけにされています。構成員は一般の会社の社員と捉えればよいかと思いま ...