黒船は馬に乗って襲来?

2017年10月28日

華麗なるギャツビー [DVD]

昭和40年代の後半に入ると、VANによるアイビーに陰りが見え始めます。これはVANが、そしてアイビーが若者に受け入れられ「これは商売になる」と確信した様々なアパレルメーカーが襟の先にボタンを付けただけのボタンダウンをアイビーシャツと銘打って売り出し、デパートはもとよりあちらこちらの洋品店にボタンダウンシャツが並ぶようになりました。

VAN自体にも大きな変革が訪れ、その変革は軸足を大きくブラすこととなり、デパートに、そして遂にはスーパーマーケットにまでVAN製品を置くようになります。このことが、かつてVANが提供したアメリカのファッションやライフスタイルに感化され、憧れていた洋服好きのヴァン離れを加速させます。

そんな折、1本の映画が上映されました。

それが昭和49年公開の「華麗なるギャツビー」です。1920年代の米国を舞台にしたこの映画、見どころはむしろ俳優達のファッションにありました。「古風だが新しい」という表現がピッタリのファッションの、デザイナーこそラルフ・ローレンだったのです。

ブルックス・ブラザーズの店員として勤務経験がある、このラルフ・ローレンのブランドである「Polo by RalphLauren」はオールド・イングランドのややゆったりめのサイズ感を基本にアイビーのエッセンスを加味したデザインを提供します。サイズ感が日本人に合っていたこともあり、VAN世代のミドル層を中心にまたたく間に人気になったのも当然のことだったと思います。小さめの襟、パステルカラーを中心にした豊富な色数を用意したポロシャツが飛ぶように売れて、ラルフ・ローレンの名を不動のものにしました。

同時に国内のアパレルメーカーの中にも「本物」を「輸入」するメーカーが現れました。ブルックス・ブラザーズと並ぶアメリカントラッドの老舗メーカーである「J・プレス」を昭和49年にスタートさせたオンワード樫山です。J・プレスは1902年の創業以来アイビーリーガーへ洋服を提供している「本物」のアパレルメーカーであり、VAN世代の新たな受け皿となるに十分な資格を持っていました。

こうして洋服好きは新たな拠り所を得ることになりました。

この時代、「黒船」のみならずVANで育った洋服好きが自らブランドを立ち上げる動きも出始めます。有名なところでは昭和50年のジョイマークデザイン(後のボートハウスブランド)、昭和51年のビームスなどです。

VANが切り開き、独自の世界観を持たせたトラッド、アイビーは、VAN亡き後もこうして脈々と受け継がれて行くことになります。

因みにVANがデザインの基本とした「ブルックス・ブラザーズ」が日本に上陸した時の本社は、倒産したVANの本社跡地だったのは単なる偶然なのでしょうか。