ファミコンソフト体験記「ボンバーマン2」

ボンバーマン2

今回紹介するゲームは「ボンバーマン2」です。ボンバーマンシリーズは知名度が高く、スーパーファミコン版ではパーティゲームの代名詞的存在としてお茶の間をにぎわせたものです。また、ファミコン版ボンバーマンもアクション性とパズル性を組み合わせた絶妙なバランスで人気がありました。

さて、「2」ですが、これらと比べ「???」と感じている人も多いのではないでしょうか。ボンバーマンシリーズは8ビットパソコン用ゲームとして誕生した「爆弾男」が最初になります。たくさんの方が初代ボンバーマンと認識しているファミコン版の黒いカセットの「アレ」はこの「爆弾男」の後継だったのです。その後、PCエンジンやスーパーファミコンへと次の作品が展開されていきましたが、はたして、ファミコン版の2とは?

この「ボンバーマン2」はPCエンジンの第1作品が発売された翌年に発売された作品で、当時はまだファミコン熱が世に残っていた頃に発売されたものです。ファミコンの1作目をPCエンジン1作目のゲームシステムをトレースしつつバージョンアップしたような作品に仕上がっており、なんとファミコンであるにも関わらず最大3人対戦ができるというコンセプトが売りでした。しかしながら、発売された1991年には、すでにヨッシーのたまごなどの人気ゲームの発売や、ファイナルファンタジーⅣなどのスーパーファミコンのソフトの躍進によるスーパーファミコンブームなどがあり、世間から着目されなかったのが現実です。

さて、ゲームシステムですが、アクションゲームとなっています。上述のとおり、基本的なアクションシステムはファミコン版の1作目である「ボンバーマン」を踏襲しています。また、面構成やグラフィック面についてはPCエンジン版をイメージしながら作られた作品となっています。自分の置いた爆弾の爆風で敵や対戦しているプレイヤーを倒すというのが基本線で、途中、一定の条件をこなすことで現れるボーナスステージでは無敵化したプレイヤーキャラクターを動かし制限時間内にハイスコアを獲得するべく縦横無尽に駆け巡ることになります。

敵に触れてもアウト、自分の爆弾の爆風にあたってもアウト、対戦時は対戦キャラの爆風に触れてもアウトです。各面で敵キャラを殲滅させてから所定のゲートマスに乗ることで面クリアとなります。

ボンバーマン2-1

このボンバーマンシリーズは特にスーパーファミコン版で人気が急上昇し、短時間で繰り返し遊べるなどの利点に加え、ルールが比較的単純でわかりやすいとのことから、子供だけではなく、大人も巻き込んで大人気となりました。

皆さんの中には、お父さん、お母さん、お兄ちゃん、お姉ちゃん、友達、弟、妹などの他に、もしかしたら、おじいちゃん、おばあちゃんと一緒に遊んだ人もいたかもしれませんね。それだけ人気のあるゲームでした。

シリーズは、ね(笑)