全国特産品味めぐり 尾道の銘店「桂馬」の蒲鉾(かまぼこ)・天ぷら

【鈴廣かまぼこ】超特選蒲鉾古今 白1本

瀬戸内海の素晴らしさは、日本の自然保護と利用促進を謳った国立公園法が大正9年に制定され、最初に指定を受けたのが瀬戸内海・霧島・雲仙の3カ所であったことからもうかがえます。藍々と広がる海原の佳景を存分に堪能できるスポットがしまなみ街道です。瀬戸内海の美しい島々とさわやかな潮風を受けて内海を縦断するように街道は走り、この街道の起点は坂の町とも映画の町とも呼ばれる尾道市です。

風光明媚な情緒あふれる尾道で大正時代に創業に100年蒲鉾と天ぷらを造り続けるのが老舗銘店「桂馬」(けいま)です。

瀬戸内地方では魚のすり身を油で揚げるものを天ぷらと言います。鹿児島のさつまあげと一緒です。水産国日本では全国各地にすり身・蒲鉾の食文化があります。関東の小田原・駿河湾の静岡沼津から九州長崎の五島列島、もちろん鹿児島のつけ揚げ(さつまあげ)と。

「桂馬」が知る人ぞ知る人気店である理由は、原料の良さと化学調味料など一切使用しない頑なな商品づくりにあります。昔からこの地方では鯛・蛸を始め多くの種類の美味しい魚が豊富に採れています。

すり身の主原料は高級魚で知られるグチ・ハモ・エソ、それと紋甲イカです。味付けは旨みたっぷりの天然昆布のだし汁と天塩を使い、化学調味料・保存料は使っていません。魚本来の味を保っています。大量生産される蒲鉾はやはり原料の魚が安価なものであったり、海外で獲れ冷凍されたものだったりします。

もう一つのこだわりは、お店と顔となっている蒲鉾。ちょっと薄めの肉厚(歯切れの良さを作るため)蒲鉾を、焙り、蒸し、また焙る。この工程が蒲鉾の表面に美しい縮緬皺(ちりめんじわ)の模様を生み出し、より芳醇な味わいと食感が食通の人気となっています。

もう一つ季節に応じてその時期の旬の素材を使った天ぷらの数々も楽しみな逸品です。天ぷらはまずはそのまま一口ほお張ってみてください。肉質の粘り強さが他のさつま揚げと断然違います。また油で揚げているのにシャキシャキと食感が残る具の野菜の美味しさ。さらに、天ぷらはオーブントースターでちょっと焙ってから召し上がると香りがあふれてきます。ご飯によし、お酒の友によしです。

瀬戸内の潮風に吹かれながら桂馬の天ぷらでビール。ああ最高!!