艦これチュートリアルその2 ~戦闘のフェーズ~

K02

艦これは一つ一つの戦闘に提督たるプレイヤーが作戦指示を行なうタイプのウォーゲームです。このようなタイプのゲームですので、実際の戦闘シーンの順序を把握して、それぞれ出来ること、起こることを理解しておく必要があります。

艦これの戦闘はいくつかのフェーズに分かれていて、それぞれのシーンで行なわれる攻撃内容、参加可能な艦に違いがあります。これらを詳細に見ていきましょう。

・戦闘フェーズの内訳

戦闘フェーズは、戦闘開始からの順番ではこんな感じになります。

1. 索敵
2. 航空攻撃
3. 開幕雷撃
4. 砲撃戦
5. 雷撃戦
6. 夜戦

以下、順番に中身を説明していきます。

・索敵フェーズ

敵味方とも、偵察機を飛ばしての索敵を行ないます。

この際、偵察能力の高い偵察機を飛ばすと敵艦隊を発見することが出来て、以後の戦闘が有利になる、命中率と回避率のボーナスがもらえます。

敵艦隊の対空能力が高い場合には、こちらの偵察機が撃墜されて(未帰還機あり表示)、索敵が失敗することもあります。

・航空攻撃フェーズ

敵味方のどちらか、または、双方に攻撃機を積んだ空母や水上攻撃機・爆撃機を載せた航空巡洋艦、航空戦艦がいる場合には、砲撃戦フェーズの前に航空機による先制攻撃が行なわれます。

このときに、空母などによる制空値の値が攻撃力その他に関わってきます。敵味方双方の制空値をチェックして、航空優勢、制空権確保、制空権喪失などの判定が実行、このときにその表示も行なわれます。

・開幕雷撃フェーズ

潜水艦や甲標的を積んだ重雷装巡洋艦、水上機母艦など、特定の艦種では、砲撃戦フェーズの前に魚雷による先制攻撃を行なうことが出来ます。

重雷装巡洋艦の雷撃は強烈な一撃になることが多く、命中率もかなり高いので、航空攻撃と合わせて露払いにとても便利です。

・砲撃戦フェーズ

戦闘の本番とも言えるのがこの砲撃戦フェーズです。潜水艦以外の全ての艦が参加して攻撃を打ち合います。

攻撃の順番は、射程の長さの順番になります。

射程は一部の戦艦、特定の装備を積んだ戦艦が超長射程、その他の戦艦が長射程になります。重巡洋艦、ほとんどの軽巡、一部の空母は中射程。一部の軽巡、駆逐艦、空母は短射程になっています。

潜水艦は砲撃戦では攻撃に参加できません。

装備すると超長射程になる46cm砲など、射程距離を変える装備もあります。

砲撃戦は、敵味方のどちらかに1艦でも戦艦がいる場合には2回ずつ行なわれます。戦艦が1艦もいなければ、1巡で攻撃が終了します。

敵の殲滅だけを考えると、戦艦を入れて攻撃回数を1巡増やす方が圧倒的に楽です。ですが、2巡巡る分だけ攻撃を受ける回数も増えますから、あるマスの通過だけを考えるケースでは、戦艦を使わないほうが楽なケースあります。

別の記事でより詳しく説明しますが、敵の艦隊とどういう向きで遭遇するかに4つのパターンがあり、そのパターンによって攻撃力敵味方の攻撃力が変化します。

空母に偵察機の「彩雲」という機体を搭載すると、攻撃力にペナルティーを食らうケースをなくすことが出来るようになり、戦闘を安定して有利に進めやすくなります。

・雷撃戦フェーズ

砲撃戦の次には、雷撃能力のある艦が魚雷攻撃を行ないます。この攻撃フェーズに参加できるのは、重巡、航巡、軽巡、雷巡、駆逐艦、潜水艦と、ビスマルク・ドライ(改三)です。

雷撃は命中率と攻撃力がかなり高く、砲撃戦ではあまり活躍できない多くの軽巡や駆逐艦の見せ場でもあります。

こちらの攻撃力が高いと言うことは、深海棲艦側の攻撃も痛いということです。敵軽巡、駆逐艦を砲撃戦で撃ち漏らした場合には、雷撃戦での被害を覚悟する必要があります。

・夜戦フェーズ

艦これでの戦闘の延長戦的な位置づけなのが夜戦です。

名前の通りに夜の戦いになっていますので、夜間攻撃機を持たないプレイヤー側の空母は基本的には戦闘に参加できません。例外として、2015年秋イベントで登場したグラーフ・ツェッペリンが、砲撃で夜戦に参加可能です。

また、夜戦では攻撃の威力が跳ね上がる艦がいます。さらにきわめて強力な「カットイン攻撃」がありますので、重装甲の戦艦でも一発で大破することが普通に起こりえます。運試し的要素が入ってくるのが艦これの夜戦と言えます。

夜戦の火力の計算には砲撃力のほかに雷撃力も上乗せされます。このため通常の艦の中では、夜戦火力が最強になるのは重巡洋艦です。また、通常火力では非力な駆逐艦も強力な火力を発揮できるようなります。

もちろんこれも深海棲艦側にも同じことが適用されますので、敵残存戦力が駆逐艦だけでも甘く見てはいけません。

きわめて強力なカットイン攻撃の発動には、艦の運の数値が関わってきます。運が高いほど発動率が上がります。逆に、運の低い艦ではカットイン攻撃に期待を置く運用は危険です。運の数値が初期値から非常に高い駆逐艦の雪風が、夜戦のある海域で重宝される理由の一つはここにあります。

ただ、カットイン攻撃は大変強力ですが、発動がプレイヤーの運も含む、いわゆる「運次第」となりますので、カットイン攻撃に全てをかけるのではなく、夜戦連撃をメインとして装備をまとめたほうが、全般的には夜戦の戦果は安定しやすくなります。