艦これチュートリアルその7 ~夜戦~

03_K02

艦これでの夜戦は、昼の戦闘の延長戦的な扱いです。昼戦の各フェーズは自動的に進行しますが、夜戦には突入前に夜戦を行なうかどうかの判断を求める選択肢が出るようになっています。この選択肢は昼の戦闘で、敵を全て倒しきれなかった場合に表示されます。

また一部の海域には、昼戦がなく夜戦のみのマスも存在します。夜戦では敵味方とも、小型艦艇であっても戦艦や正規空母を一発大破させられる火力を発揮できるようになりますので、そういった海域はすごく「シビれる」マップになります。

夜戦の内容をもう少し詳しく見ていきます。

・夜戦での強化攻撃

夜戦では、特定の組み合わせの装備を満足している艦では、2回攻撃を行なう連撃や、より強力な攻撃力を持つカットイン攻撃を行なうことが出来ます。これらの強化攻撃の発動する条件は以下の3つです。

– 装備の組み合わせが条件を満たしていること
– 大破状態ではないこと
– 攻撃対象が潜水艦ではないこと

大破状態だと夜戦には参加できず、強化攻撃のみならず、通常攻撃も行なうことは出来ません。

また潜水艦には、対潜能力のある艦は夜戦でも爆雷攻撃を行ないますが、この攻撃には強化攻撃はなく、昼戦よりも威力がとても低いため、夜戦で潜水艦にダメージを与えることはほぼ不可能です。

夜戦で強化攻撃を行える装備のパターンは以下のようになります。

– カットイン攻撃

主砲 副砲 魚雷 攻撃力
2以上 150% x 2
3以上 200%
2 1以上 175%
2 0 1 130% x 2
1 1 130% x 2

– 連撃

夜戦での連撃は、偵察機を積めない駆逐艦が唯一行える2回攻撃です。

主砲 副砲 魚雷 攻撃力
2 0 0 120% x 2
1 1以上 0 120% x 2
0 2以上 0か1 120% x 2

・夜戦での強化攻撃のいくつかの条件

昼戦の強化攻撃では、弾着観測射撃と連撃を両立可能な装備の組み合わせがありましたが、夜戦ではカットイン攻撃と連撃を両立できる組み合わせは今のところ存在しません。

ですので、艦の運のパラメータ依存で確率での発動になるが、きわめて強力なカットイン攻撃を選ぶか、比較的発動率が高く、平均して高いダメージを期待できる連撃を選ぶか、艦の特性や敵によって選択する必要が出てきます。

甲標的や徹甲弾などはその他装備扱いですので、夜戦でのカットイン攻撃などの発動条件には関係しなくなります。このため、例えば重雷装巡洋艦の北上改二などでは、甲標的、主砲、魚雷の装備で、主砲+魚雷のカットイン攻撃が発生します。

また、カットイン攻撃、連撃とも、きちんと命中しないケースは普通に発生し得ます。その場合、敵に与えるダメージは、いわゆる「カスダメ」となります。

・カットイン攻撃の発動率

夜戦のカットイン攻撃は、艦の運のパラメータによって発動率が変わります。運が60あると、発動率の上限に達するようです。この場合、基本的な発動率は65%ほど。

この数字に各種の補正係数がかかります。

旗艦は発動率が+12.5%。
中破状態だと+20%。
探照灯、照明弾が発動していると、味方のカットイン攻撃発動率は+5%。

また、探照灯、照明弾は敵のカットイン攻撃の発動率を下げることが出来ます。敵艦には-10%の補正がかかります。

熟練見張り員では+5%程度の補正がかかると思われます。ただしこれは、運の低い艦のみで、運が60を超える艦の発動率は上昇しなさそうだ、との現在のところの統計結果になっています。

・夜偵

特殊な偵察機として九八式水上偵察機があります。

この機体は、基本的には昼戦で航空優勢以上の時にのみ効果を発揮する偵察機ですが、夜間偵察機が敵を発見できると「夜間接触」の状態となり、味方の与ダメージや命中率を引き上げる効果があります。

夜戦のみのマスでは、航空状態に関係なく発動するとされていますが、まだ、制空権喪失状態となる条件では結論は出されていません。