艦これチュートリアルその10 ~連合艦隊3~

2016年8月1日

03_K05

連合艦隊戦では、艦隊の陣形も連合艦隊独特のものになります。また、第一艦隊旗艦に「艦隊司令部設備」を搭載していると、道中で大破した艦は護衛を付けて待避させることが可能になります。

今回はこの二つと、連合艦隊の編成ごとの得意・不得意について説明します。

・陣形

連合艦隊戦では、通常の1艦隊のみでの陣形とは異なる陣形を使います。名称が異なっているため、ちょっと最初はピンときませんが、基本的には従来の陣形と同様の性能を持つ4つの陣形が用意されています。

一部の陣形は第二艦隊の残存艦数によっては使用できない陣形も出てきます。ただ、第一艦隊の残存艦数は関係しません。

また、陣形選択画面で陣形の並びが通常の陣形とは違っています。陣形の説明書きを読まずに画面の位置関係だけでクリックしていると、目的とは異なる陣形を選択する可能性がありますので、その点には注意が必要です。

– 第一警戒航行序列

陣形選択の画面にも但し書きがされていますが、対潜警戒の陣形です。通常の陣形であれば、単横陣に相当します。

この陣形を使うのは、敵が潜水艦隊の場合、敵旗艦が潜水艦で水上艦も混在している場合がお勧めとなります。

– 第二警戒航行序列

水上艦に対する攻撃力と防御力のバランスを取った陣形です。通常の陣形では複縦陣に相当します。

この陣形を使うと良い相手は、旗艦が水上艦で潜水艦が混在する艦隊です。また、第二艦隊の残存艦数によっては、第四警戒航行序列が使えないケースがありますので、その際にはこちらを使うと良いでしょう。

– 第三警戒航行序列

航空戦力重視の陣形です。通常の陣形では輪形陣に相当し、航空火力だけではなく対空火力もアップします。

航空戦マスで利用するのが良いでしょう。

– 第四警戒航行序列

防御力を捨てて砲撃による攻撃力最重視とする陣形です。通常の陣形の単縦陣に相当します。

通常の戦闘マスや対ボスで使用する陣形です。

– 夜戦

夜戦では、連合艦隊の陣形は使用しません。夜戦に参加するのは第二艦隊のみですので、通常の陣形を使用します。

・護衛退避

第一艦隊の旗艦に「艦隊司令部設備」(大淀が改装時に持ってくる装備)を搭載していると、道中に大破した艦が出た時にその艦が第一、第二艦隊の旗艦以外であれば、護衛の駆逐艦をつけて退避させることが可能になります。

艦隊としての火力は落ちてしまいますが道中マスの通過率は大きく上がり、ゲージの削り段階など、海域攻略が大幅に楽になります。

大破艦が出た場合、そのマスの戦闘終了後、基本的には自動判定が行なわれて退避させるかどうかの確認画面が出ます。退避させることを選ぶと、第二艦隊の損害が軽微な駆逐艦と一緒に、大破艦を退避させることが出来ます。つまり、艦隊からは大破した艦と、護衛する駆逐艦の2艦が一時的に外れることになります。

護衛する駆逐艦は小破未満の損害を受けている艦に限定されますので、第二艦隊の駆逐艦がすべて小破以上の損害を受けていた場合には護衛退避は行えません。護衛退避の選択画面が出ないからと言って、「大破艦が存在しない訳ではない」ということには十分に注意しなければなりません。

・各陣形の得意・不得意

それぞれの陣形に得意不得意があります。

が、戦闘面では輸送護衛部隊を使用する意味はほぼありません。ですので、輸送任務の作戦など、システム側からこの艦隊構成を指定されない限り、輸送護衛部隊を使う必要はありません。

ですので、以下、水上打撃部隊と空母機動部隊に関して記載します。

– 水上打撃部隊

空母機動部隊に比べ、ボスマスまでの途中の通過率が高くなりやすいのが水上打撃部隊です。砲撃戦が、戦艦が多い第一艦隊で始まりますので、小型艦艇の多い第二艦隊の被害が小さくなりやすいためです。航空力に頼る部分が少ないため、ボーキサイトの消費も少なくなります。

デメリットとしては使える空母系の艦艇にかなり厳し制限があるため、航空権争いではかなり厳しいケースが増えます。ボスマスでも制空権が必要になるケースが多いため、その点では火力を発揮しきるのは難しい場合もあります。また、ボーキサイトの代わりに、燃料と弾薬の消耗は多くなりがちです。

– 空母機動部隊

航空優勢を取るのが容易ですので、結果的に砲戦火力も上がりやすくなります。また、開幕雷撃で蹴散らせるレベルの敵であれば、トータルの被害も小さく収めることが出来ます。水上打撃部隊に比べ、燃料・弾薬の消耗は少なくなります。

デメリットとしては、砲撃戦をまず第二艦隊で受け、雷撃戦も十分に敵火力を減らせない状態で迎えることになる可能性もあるため、どうしても第二艦隊の被害が増えがちです。このため、ボスマスまで火力を保って到達する確率は水上打撃部隊より低くなります。対空攻撃の強力なツ級eliteなどの実装もあり、ボーキサイトの消費は激しくなりがちです。