中学受験の意義

「灘→東大理III」3兄弟の母が教える中学受験勉強法

中学に上がる際、中学受験をさせるべきかどうかで迷う人が多くいます。中学受験をするためには、小学校が終わった後に塾通いをさせるのが一般的です。難関校を目指す場合は、夜遅くまで塾に行かせなければならなくなってきます。また、送り迎えやお弁当作り、計画管理など、保護者の時間も多く必要になります。こうした苦労をしてでも中学受験をしたいという人は絶えません。では、中学受験をすることにはどのような意義があるのでしょうか。

中学に上がると、学校での勉強内容が小学校よりも専門的になっていきます。そのため、個人間での学習進度の差が生まれやすくなります。こうなったときに、学力による選抜を行っていない公立中学校では、平均を大きく上回る学力を持った生徒が不満を持ってしまう可能性が出てきます。もし中学受験をさせていれば、合格した学校のレベルの高低に関わらず、比較的学力の近い生徒たちが集まっているので、学校の授業レベルに不満を感じる可能性は低くなります。レベルの近い生徒同士で切磋琢磨しながら学力を向上させるチャンスが広がる点は、中学受験をするメリットといえます。

また、中学受験では、中学校で学習する内容についての知識も多く得ることができます。もちろん、中学校で習う数学の公式などが中学受験で出題されることは基本的にありませんが、中学校で習う内容を知っておくと、中学受験の問題がラクに解けるケースは多くあります。そのため、中学受験向けの塾では、入試に役立つ知識として、中学の内容を先取りするような内容を教えることがあります。具体的には、小学生が図を描いて解くことができる問題を、方程式を用いて解く方法を学んでおけば、多くの文章題において役立てることができます。こうした方法を中学受験に向けて学習していれば、中学校での勉強内容が理解しやすくなります。

このように、中学受験には複数のメリットがみられます。ただし、向き不向きはあるので、塾通いに適しているかどうかや、自分の校区の公立中学校が通いやすいかどうかなど、さまざまな条件を検討したうえで、中学受験をするかどうかを判断しましょう。