個別指導と集団指導それぞれの特徴

「中学受験本」の世界: 学習塾・受験産業の本音を探る

塾に行って勉強を習うときには、個別指導と集団指導のどちらにするかを悩むことがあります。では、個別指導と集団指導はそれぞれどのような特徴があるのでしょうか。

まず、個別指導では、生徒のペースに合わせた授業が行われます。そもそも使用するテキストが生徒ごとに異なっていたり、学校の復習をするか受験対策をするかなどが個人ごとに決められたりします。また、先生と生徒の距離が近いので、生徒の側から質問しやすい環境が整えられているほか、先生からの問いかけに答えながら学習を進めることによって、生徒が「わかったつもり」になってしまう可能性を下げることができます。さらに、先生と生徒のスケジュールが合えば、日程を変更できるケースが多くあり、部活などで忙しい生徒にとってはありがたい仕組みになっています。

いっぽう、集団指導では、塾が決めたカリキュラムに従った授業が行われます。また、個別指導と異なり、学力に応じたクラス分けがされることが多いです。生徒のペースで学習がしづらいというデメリットは指摘できますが、逆にサボり癖のある生徒さんでも、塾はどんどん先へと進んでいくので、焦りを感じて学習を進められる可能性があります。もっとも、通う塾や入っているクラスが合っていないと、自分が一生懸命勉強していてもカリキュラムについていけない生徒が出てくる可能性があるので注意が必要です。

集団指導のメリットとしては、料金が抑えられる点も挙げられます。個別指導だと、どうしても講師数に対する生徒数の割合が小さくなってしまうので、料金負担が重くなってしまいます。いっぽう、集団指導では、プロ講師に高い給料を支払っていても、生徒数が多い分、1人当たりの負担は少なくて済みます。また、集団指導では、生徒同士で競争し合いながら学習を進めることができます。入試を見据えて塾に通う場合は、入試が競争方式であることから、集団指導を受けて競争力を高めておくことは意義があります。