ファミコンソフト体験記「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」

今回は「キングコング2 怒りのメガトンパンチ」(1986年、コナミホールディングス)を紹介します。この作品、名前は「2」となっていますが、前作にあたる作品はありません。なぜかというと、「キングコングシリーズの2作目」ではなく、「映画、『キングコング2』のゲーム版」という位置付けだからです。

キングコング2 怒りのメガトンパンチ

さて、このゲームのストーリーですが、とある研究所に研究のために連れてこられた主人公のキングコングが、同じようにつれてこられたレディコングを救出するために大暴れするという話になっています。

ゲームシステムはスクロール型アクションに分類されます。といってもキャラクターに合わせてスクロールするマリオブラザーズのようなタイプとは違い、画面の端(上下左右)までいくと1画面分スライドして隣のフィールドに移る、といったスクロールタイプのシステムになっています。

キングコング2 怒りのメガトンパンチ2

キングコングは上下左右に動く他、ジャンプ、パンチ、岩投げが可能で、攻撃手段は、前述のパンチ、岩投げの他、ジャンプした際に敵キャラクターに着地することでも攻撃できます。

ただし、敵の種類によってはジャンプではダメージが与えられなかったり、パンチがきかなかったりします。さらに、岩投げは若干弧を描くような軌道で飛んでいくため、慣れるまで若干練習が必要かもしれません。

このゲームは敵の攻撃が一度当たったからといって即1ロストということではありません。体力値があり、これが0になる、またはクレバス(のような穴のようなもの)に落ちることで1回ロストという扱いになります。

ここまでは普通のアクションゲームのように感じますが、問題はこのスクロールにあります。上下左右の端に到達することで1画面分スクロールするのですが、端に到達してみないと、「そちら側にスクロールできるかどうかがわからない」という仕様になっています。さらに全体MAPもない、途中の障害物をジャンプやパンチしないとボスがいる場所や次のフィールドへの入り口も見つけられない。初見プレイヤーの多くは、何をどうしたら、どこへいけばいいのか、さっぱりわからない状態に陥ります。

当時の子供たちは、それを謎解きゲームをするかの如く黙々とプレイしているみたいですが、今の子供たち相手では不評に終わるシステムです。

ゲーム開始直後の1画面目ですら、左右両端が壁になっていることと、キングコングが上を向いてゲーム開始だったことから、「上」に向かうことが情報として読み取ることができますが、2画面目からはどこへいったらいいのか、正直わかりません。

キングコング2 怒りのメガトンパンチ3

方眼紙でも買ってきて、地図を作りながらプレイしなければ、攻略は極めて困難です。

そんなゲームですが、上記の通り、当時の子供たちには好評だったようです。道筋を理解していたとしても、アクションゲームとしての要素がそこそこの難易度で設定されていますので、現在の大人の方なら懐かしみながらプレイできるかもしれません。

ただ、残念ながら、このゲームは今現在、WiiUのバーチャルコンソールなどにもなく、ソフトをプレイすること自体が希少価値となってしまっています。仮にプレイする機会があれば、一度プレイしてみてはどうでしょうか。