ファミコンソフト体験記「デビルワールド」

今回紹介するゲームは「デビルワールド」です。この作品は1984年任天堂の作品ということで、ファミコンの歴史の中でも初期の部類に入ります。

この1984年というのは本体であるファミコンを作製・販売している任天堂がそのソフトウェアの販売価格を引き上げた年でもあります。

ゲーム大好きな子供たちにとっても、その親にとっても大きな出来事でありましたが、各ソフトウェアの売れ行きは依然として衰えることなく、ファミコン市場は大人気でした。

デビルワールド

さて、そんな中で作られたこの作品ですが、何かからの移植版ではなく、ファミコン用のソフトとして開発されたということもあり、事前の知名度もなく発売されたということもあり、他の大人気ソフトに比べて販売個数は多くはありませんでした。

とはいえ、ファミコンのメーカーである任天堂自らが作成していることもあり、まだ使われていない斬新なシステムでコアなファンを獲得しています。

当時のファミコンソフトでは横なら横、縦なら縦にしか画面がスクロールしませんでしたが、この作品では横にも縦にも動きます。

デビルワールド2

プレイヤーが操るタマゴンというキャラクターはフィールド上の十字架を取ることでフィールド上の丸い球を拾うことができ、そのエリア中の球を全部拾うとクリアになります。ドットイートタイプと呼ばれるパックマンのシステムと同じものです。

ただし、この画面がランダムにスクロールし、画面の端と壁に挟まれると1ミスになります。敵に触れられる以外にミスする要因があるのがこの作品の特徴です。

デビルワールド3

また、そのスクロールがランダムであるため、次の行動を予測することが困難です。従ってプレイヤーは画面中央部に必然と集められます。そこに敵キャラが襲い掛かってくるので逃げるのにも、スクロールに対応するのにも苦労しながらターゲットである球を回収しなければならないというゲームです。

デビルワールド4

このゲームはパズル的要素が含まれているため、子供から大人まで楽しめるように作られており、現在ではWiiUのバーチャルコンソールで購入・プレイが可能になっています。

余談ですが、このゲームにおける自キャラが復活する際の音は、後にマリオシリーズに登場するヨッシーが卵から孵るときときの音として使われています。