ファミコンソフト体験記「アイギーナの予言」

アイギーナの予言

「アイギーナの予言」(1986年、TOKAIコミュニケーションズ)は、アーケードゲーム「バルバルークの伝説」の続編という扱いになっていますが、同年発売であったことから、続編ととらえていない人がほとんどです。

ストーリーとしては、主人公の考古学者ジェイソンがバルバ地方の遺跡を探索し、秘宝「オーラスター」を探し出し古代バルバ王アイギーナが予言した地球への彗星の衝突を防ぐというもの。

昔のソフトとは思えない壮大なスケールでのストーリーとなっています。

ゲームシステムですが、横スクロール型アクションゲームに謎解き要素が含まれた作品となっています。

まずはフィールド上を操作し、攻略する遺跡の中へ移動します。

アイギーナの予言2

遺跡の中は先述の横スクロール型アクションゲームになっており、ジャンプで足場に頭突きすることで現れるシューターを出現させ、シューターと重なった状態でジャンプするとそのシューターから左右に弾が飛び出る仕組みになっており、その弾で敵を倒すことになります。

アイギーナの予言4アイギーナの予言3

 他にも攻撃用のアイテムや防御用のアイテムがあり、それらはシューターのように足場に頭突きすることで出現します。

遺跡の中は複数のブロックに分かれており、ブロック内で一定数の敵を倒すことで次のブロックへの移動手段(梯子)が出現する仕組みになっています。

途中、敵が落とす金塊袋を集めていき、祠の中にいるキャラクターから援助してもらうなどしつつ、先に進んでいきます。

アイギーナの予言5

ほとんどのブロックでは敵が動き回りますが、各遺跡に最低1ブロックは敵が固定されたブロックがあり、シューターをうまく扱わなければいけないほか、アクション的に難易度の高いアクションが必要とされます。

ミスにより残機が0となるとゲームオーバーですが、何度でもコンティニューが可能な上、パスワードにより途中でゲームを中断することも可能です。

このパスワード入力画面にはちょっとお茶目なネタが仕込まれており、パスワードを間違えると画面に登場している老人の態度が徐々に悪くなっていきます。最終的には火を噴き始め、パスワードを入力できなくなるため、リセットしてオープニング画面から再度やり直しになります。

このゲームはアクション性が高いため、アクションゲームが苦手な人はクリアが難しいかもしれません。逆にアクションゲームが得意な人は満足できるゲームになっています。

謎解きはそれほど難しくないため、先述した内容も含め、アクションゲームが好きな人に向いた作品と言えます。

未プレイの方全員にお勧めできるとは正直いいづらいところではありますが、それでもパスワード入力画面でのお茶目な演出は一目必見です。また、クリアにはそれなりに時間を要するため、根気のある人にお勧めします。