ファミコンソフト体験記「聖闘士星矢 黄金伝説」

聖闘士星矢 黄金伝説

この作品は、タイトルの通り、漫画「聖闘士星矢」が原作になっています(バンダイ、1987年)。

従って、登場するキャラクターのデザインはもちろん、作者の車田正美さんです。

この作品が出た当時は、漫画にアニメに大人気の聖闘士星矢。戦闘の際に身に纏う聖衣(クロスと呼びます)はフィギュアの一部としても販売され大人気の商品でした。

北斗の拳、ドラゴンボールの流れで「格闘」というジャンルの漫画の中に、友情、愛情、ロマンなどたくさんの人気要素が含まれた大人気漫画がゲーム化したのがこの作品です。

また、聖闘士星矢は主に5人のキャラクターが主人公となる漫画で、個性もあり、それぞれのキャラクターにファンがいましたが、一般の少年漫画と違うのは、その画風から、女性ファンも多かったことです。

つまり、普段ゲームにはあまり興味のなかった女の子たちがファミコンに手を伸ばす一つのきっかけを作ったといっても過言ではありません。

さて、そのストーリーですが、原作初期を非常によく再現しています。

修業、聖衣を賭けた死闘、フラードコロッセオ、暗黒聖闘士との戦い等(詳しくは原作をご覧ください)、再現性が非常に高いです。

聖闘士星矢 黄金伝説2

このゲームの目的自体はストーリーの流れで変わります。

まずは自分の聖衣を手に入れること、そのあとはグラードコロッセオという大会で優勝し黄金聖衣を手に入れること、次は奪われた黄金聖衣を取り返すこと・・・といった具合に変わっていきます。

聖闘士星矢 黄金伝説3

主人公のセイヤ(星矢)をはじめ、各主要なキャラクターとの会話ではカットインがでます。ファミコンであるにも関わらず原画そのままのような絵です。原作ファンは要必見です。

次はゲームシステムですが、大まかな部分はアクション、ここぞという戦闘はコマンド選択式のRPG風戦闘システムとなっています。

普段の移動が基本を横スクロールとしたアクションになっていて、雑兵との戦闘はこのアクションパートで行われます。

主人公のセイヤにはHPが存在し、このHPが0になるとゲームオーバーとなり、病院から再出発することとなります。

戦闘パートでは「たたかう」「はなす」などのコマンドを選択し、ターン性の攻防が行われます。

その際、コスモ値を各ステータスに割り振ることで、ターン中の攻撃力、命中力、防御力、回避力を調節します。コスモ値は有限のため、常に全力というわけにはいきません。また、戦闘に勝利することで経験値を得られ、これらを攻撃力などの各ステータスに割り振ったり、体力に割り振ったりすることができます。これらをうまく調節して戦闘に勝利しつつ、アクションパートでストーリーを進めていくゲームになっています。

聖闘士星矢 黄金伝説4

原作ファンはもちろんのこと、アクションゲーム好き、RPGゲーム好きと幅広いプレイヤーが満足できる作品となっています。未プレイの方はぜひ一度プレイしてみてください。

また、この後の作品として登場した「聖闘士星矢 黄金伝説完結編」も是非プレイしてみてください。プレイの際には、一度原作を読みなおしてみるとより一層楽しめる作品になっています。