艦これチュートリアルその21 ~開発~

07_K03

艦これには艦の装備を開発するシステムがあります。一般的な装備(艦載機、大砲、ソナーやレーダーなどなど)はドロップする艦が初期装備として持ってきたり、艦の改造の際に持ってきてくれたりしますが、レア度の高い、より強力な装備は基本的には開発で作るしかありません。

開発にも内部的には色々面倒なシステムがありそうですが、実際に装備を開発する際にプレイヤーが覚えておかなければいけない内容はさほど多くありませんし、面倒でもありません。

今回は、プレイするに当たって必要な部分に限って艦これの装備の開発のお話をまとめてみます。

・開発に影響する要素

開発にはいくつかの要素が開発できる機材の種類、成功/失敗に影響を与えるようになっています。

それをまとめると以下の3つの要素になります。

  1. 秘書艦の艦のタイプ
  2. つぎ込む資材のさじ加減
  3. 司令部レベル

秘書艦(=第一艦隊旗艦)に据える艦のタイプによって、開発できる装備の種類が概ね決まります。合わせて、つぎ込む資材の「バランス」も、出来る装備の種類に影響します。

実際に開発を行なう際には、この二つで開発する装備のタイプを決めることになります。

また、つぎ込む資材の「量」が開発の成否に影響します。少なすぎると失敗となり、ある程度以上に多くつぎ込んでも成功率を引き上げる効果はないとされています。

また、司令部のレベルがある程度以上にならないと、レア度の高い装備の開発はほぼ出来ません。レア度の低い装備でも司令部レベルは最低Lv20程度、レア度の高い装備はLv30以上が最低限とされています。

現在、最も必要司令部レベルの高い装備は14号電探とされていて、この装備の開発に成功した司令部の最低レベルはLv40程度とされています。

・秘書艦の艦種による開発タイプ

第一艦隊旗艦に置く艦の種類で開発できる装備の大まかな枠組みが決まります。

– 砲戦系

戦艦、重巡、工作艦がこれに該当します。航空戦艦、航空巡洋艦は開発では空母系の扱いになりますのでご注意を。

この系統では、大口径主砲、徹甲弾の開発が出来ます。また電探の開発も可能です。戦艦用の増設バルジも開発可能になっています。

– 水雷系

駆逐艦、軽巡洋艦、重雷装巡洋艦、練習巡洋艦、潜水艦、補給艦はこのグループに属しています。潜水空母、潜水母艦は、開発では空母系の扱いとなります。

このグループの艦は、爆雷、ソナー、ドラム缶、魚雷の開発が行えます。

主砲、副砲も開発可能ですが、小口径主砲や高角砲がメインになります。大口径主砲は造れず、中口径主砲も確率が低くなります。

– 空母系

正規空母、装甲空母、軽空母、水上機母艦、潜水空母、航空戦艦、航空巡洋艦、揚陸艦、潜水母艦はこのグループに属します。

艦載機の開発に最も適しています。高性能偵察機・零観の開発も可能です。機銃や高角砲などの対空兵器の開発にも向いています。また、電探の開発も可能です。

このグループの艦は徹甲弾、黄色いアイコンの副砲が造れません。また、大口径主砲も恐らく開発できません。

・開発レシピ

開発に関してもかなり詳しい情報が集められていて、内部的にかなり細かい、面倒なシステムが組まれているようです。ですが実際の運用においては「開発レシピ」と呼ばれる数字に従って資源をつぎ込めば、概ね目的の機材の開発が出来るようになっています。

以下に装備の種別ごとの代表的な資材バランスをまとめます。

– 艦載機 ~空母秘書艦が最適~

燃料20、弾薬60、鋼材10、ボーキサイト110(すべての艦載機が開発可能)
燃料20、弾薬60、鋼材10、ボーキサイト100(上記から彩雲、二式偵察機を除外するパターン)

– 機銃、大砲、砲弾 ~戦艦・工作艦秘書艦が適切 ~

燃料10、弾薬251、鋼材250、ボーキサイト10

– ソナー、爆雷 ~駆逐艦、軽巡、雷巡、潜水艦秘書艦向き ~

燃料10、弾薬10、鋼材10、ボーキサイト20(ソナー向け)
燃料10、弾薬30、鋼材10、ボーキサイト10(爆雷向け)
燃料10、弾薬30、鋼材10、ボーキサイト31(ソナー、爆雷両狙い)

– 電探 ~戦艦、潜水母艦、空母秘書艦向き~

燃料10、弾薬11、鋼材251、ボーキサイト250

– バルジ ~戦艦秘書艦向き~

燃料10、弾薬10、鋼材300、ボーキサイト10

– 機関(缶、タービン) ~戦艦、空母秘書艦向き~

燃料100、弾薬10、鋼材200、ボーキサイト10

– ドラム缶 ~軽巡、駆逐艦秘書艦向き~

燃料10、弾薬10、鋼材10、ボーキサイト10
燃料10、弾薬10、鋼材11、ボーキサイト10(ドラム缶狙い撃ち)

・最後はオカルト?

艦これでは開発も最後の最後はオカルティックなお話になってしまうかもしれません。

開発も、どの装備が出来るか、成功するかどうか、の最後の判定は「乱数次第」になっているからです。一応攻略サイトの統計上、秘書艦に据える艦のレベルやキラキラ状態、そもそも同じ系統の艦でもどの艦を使うか、といったことは成功率等には関係がないとされています。

ですが司令部によって、実際には作る装備ごとに「相性の良い艦」と思える艦が出てくると思います。

恐らくは厳密に考えればそういったものは「験担ぎ」のレベルのはずなのですが、少しでも気楽にプレイするためには、最後はそういった部分に頼ってしまうのも十分ありだと思います。