世界が注目!新海誠監督最新作!映画「君の名は。」見どころ総まとめ!

2020年7月8日

新海誠監督作品 君の名は。 公式ビジュアルガイド

2016年8月26日に新海誠監督最新作、映画「君の名は。」が劇場公開されます。
美しい色彩描写と繊細な言葉で紡ぎ出される世界観は“新海ワールド”と呼ばれ、
これまで日本のみならず世界でも数多くの賞を受賞し、注目されています。
「君の名は。」はこれまでの新海監督の集大成と言われている作品です。
劇場公開に先駆けて、本作の魅力をご紹介します。

タイトル:「君の名は。」
2016年8月26日(金)TOHOシネマズ 新宿ほかにて全国ロードショー
配給:東宝
公式サイト:http://www.kiminona.com/index.html

あらすじ紹介

千年ぶりの彗星の来訪を前に、東京に住む高校生・瀧(神木隆之介)と都会に憧れる田舎の女子高生・三葉(上白石萌音)に不思議な現象が起こります。
ある日突然、夢の中で心と体が入れ替わるようになった瀧と三葉。
出会うことのないはずの二人の出会いは、奇跡の物語のはじまりでした。
ふたつの暮らしを行ったり来たりすることに最初は戸惑いながらも少しずつ受け入れていく二人。
やがて二人はこの状況を乗り越えるため協力をすることに。
時に喧嘩し、時に相手の生活を楽しみ、気持ちが打ち解けてきた矢先、突如入れ替わりが途切れてしまいます。
二人が特別に繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行くことを決心します。
何故、自分たちが入れ替わったのか?真実を知った時、運命が動き出します。
まだ会ったことのない君を、探している—夢の中で入れ替わる少年と少女の恋と奇跡の物語です。

主演声優は神木隆之介&上白石萌音

J Movie Magazine(ジェイムービーマガジン) Vol.14 (パーフェクト・メモワール)

上白石萌音 〜ニケとかたつむり〜 [DVD]

声の主演を務めるのは、映画「桐島、部活やめるってよ」「バクマン」などの若手実力派俳優の神木隆之介と、映画「舞妓はレディ」「ちはやふる 上の句/下の句」などの上白石萌音の二人です。
神木さんを起用した理由は、本作の企画・プロデュースを務めた川村元気が、「本作で新海監督のアーリーワークス3部作とも言える映画「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」の集大成的な作品を作りたい、それにはこの3部作を含め、これまでの新海監督の作品をきちんと理解して演じられる人が必要だ」と考えていたところ、神木さんが元々新海監督の作品のファンで作品も全て観ているということを知り、彼に白羽の矢が立ちました。
宮崎駿監督と細田守監督の両方との仕事を経験している若手俳優は神木さんだけというのも、起用にあたっての大きなポイントになったそうです。
上白石さんはオーディションで新海監督が「何百人会ったとしてもきっと彼女だっただろう」と惚れ込んみ、ヒロイン・三葉役を勝ち取りました。
新海監督曰く、上白石さんは外見も中身も含めて全て「三葉」=「上白石」だそうで、彼女のハツラツとした雰囲気や、真っ直ぐな性格などが、まさに新海監督が想像していた「三葉」そのものなのだそうです。
そして出来上がった作品の「瀧」=「神木」の芝居は、新海監督曰く「圧巻の一言。」。
瀧は三葉より入れ替わりのシーンが多く、神木さんが外見は男の子、中身は女の子という三葉を演じなければならないシーンも多いのですが、声が裏返る感じや可愛らしい三葉の話し方を完璧に演じているのは、さすが!の一言です。
上白石さんがインタビューで「神木くんが三葉を完璧に可愛らしく演じるので、神木くんが三葉をやった後は、監督から「もうちょっと可愛らしくお願いしますとかもうちょっと女の子らしくお願いしますとか言われた。(神木さんが)完璧過ぎて私の三葉のハードルがどんどん上がっていって、なんか性別が違うのにこうまで及ばないかと悔しかったです。」と言うほどの名演技は必見です。
三葉を演じた上白石さんも、元々、日本語を丁寧に綺麗に話す女優さんという印象がありました。
本作では、彼女のその部分が前面に出ながらも三葉の元気いっぱい、ハツラツとしたキャラクターを難なく演じており、上白石さんにとって代表作になるは間違いないでしょう。

神木さんと上白石さんが作中では会っていないシーンでも、二人同時にアフレコをしたのが、作品全体に躍動感をもたらしており、神木さんは「夢の中だけれど、あたかも二人で会話しているようなシーンがあるので、絶妙な距離感というのは二人でやらせてもらったからこそ出たかな。」とインタビューで語っていました。

二人の他にも、瀧が憧れるバイト先の先輩役に長澤まさみ、三葉の祖母役に市原悦子など、アニメーション声優界、俳優界の注目の若手からベテラン俳優まで多数出演しているので、チェックしてみてくださいね。

モチーフは小野小町の和歌

和風 和柄 百人一首 浮世絵 「紫式部」 「小野小町」 2枚組 セット ハンカチ ふろしき 【日本製】 約45cm×約45cm 綿100%

映画「君の名は。」は、万葉集に載っている小野小町の和歌「思ひつつ寝ればや人の見えつらむ 夢と知りせば覚まざらましを」という歌がインスピレーションになっていて、そこから本作の発想が生まれたそうです。
「あの人のことを思いながら眠りについたから夢に出てきたのであろうか。夢と知っていたなら目を覚まさなかったものを」という意味のこの歌が「朝起きると涙が溢れている。何かを探し続けている気がする。自分の居場所がここではない気がする。」という瀧と三葉の切ない心模様を表わしていることを知ってから本作を観てみると、また違った感情が沸き上がってくるかと思います。
本作は最初からたくさんの伏線が張り巡らされていて「組紐」と「縁」を繋げて考えていたり、「彗星」「カタワレ時」「口噛み酒」「スマートフォン」など物語の鍵となる事柄や物が作中に多くちりばめられていて、全ての伏線が紐解かれた時、号泣必至の物語となっています。
映画「言の葉の庭」でも万葉集をモチーフに作品を描いた新海監督。
日本古来の文化と現代を象徴する物事との融合が、新海監督の物語の美しさの特徴の一つと言えるでしょう。

新海誠が描く美しい色彩描写と「距離」

新海 誠Walker ウォーカームック

日本のみならず世界から評価されている“新海ワールド”とは、彼の描く登場人物の心情をそのまま表したような美しい風景描写と、様々な形で描かれる「距離」だと思います。
風景描写の中でもひと際美しいのは、やはり新海監督が描く「空」でしょう。
宇宙から雲を抜けて瀧と三葉が見上げる深い青の闇に彗星が多数降り注ぐ描写や、三葉が暮らす田舎町の広く深い青空と森の緑と湖のキラキラした光反射のコントラストは、ため息が出るほどに美しいです。
新海監督が描く本作での「距離」とは、田舎町と東京という物理的な「距離」、時間という「距離」、そして瀧と三葉の心の「距離」。
手が届きそうで届かないもどかしいその距離感が作品の切なさを際立たせ、「泣ける」ラブストーリーへと物語を昇華させています。

主題歌&劇中歌を歌うのは大注目バンドのRADWIMPS

君の名は。(初回限定盤)(DVD付)

新海監督の作品の中でも特に重要とされているのが音楽です。
映画「君の名は。」ではロックバンドのRADWIMPS(ラッドウィンプス)が主題歌をなんと4曲!そして22曲の伴奏音楽を全て書き下ろしで制作・担当しました。
新海監督との1年以上にわたる綿密なやりとりを経て完成した主題歌4曲は全てがラブソング。
RADWIMPSのボーカル・野田洋次郎は「恥ずかしさからストレートな表現を避けてしまいがち。今回もそれを見逃さなかった監督から「とにかくこの物語が貫こうとしているど真ん中を全力で歌って欲しい。」と言われ、だからこそ、踏み込めた。」とインタビューで語っています。
4曲の主題歌「前前前世」「スパークル」「夢灯籠」「なんでもないや」を含んだアルバム「君の名は。」は劇場公開に先駆けて、2016年8月24日にリリースされます。
ストレートにガツンと心にくるRADWIMPSのオリジナルアルバムに負けないアルバムになっていますので、映画と併せてぜひ聴いてみてくださいね。

いかがでしたか?
これまでの新海監督の作品は世界で賞を獲り映画ファンの間では知られていても、ミニシアター作品から今一歩抜き出ていない印象がありました。しかし本作では、これまでの監督作品の集大成ということで、「誰もが楽しめるエンターテイメントのど真ん中」と監督自身が語るにふさわしい作品に仕上がっています。
わかりやすい、けれど大人の心にもちゃんと響く、次世代のアニメーション映画をリアルタイムで劇場でご覧ください。

(文 / Yuri.O)