全国特産品味めぐり さぬきうどん

讃岐うどん

香川県はうどん県と称し地元名産のさぬきうどんを全国各地に知らしめました。以前うどんといえば、夏のそうめん、ひやむぎ、関西風うどんなどが定番でした。しかしうどん外食チェーン店が各地に店舗を構え、価格の安さもさることながら讃岐系、柔らか系、トッピングのバラエティ、つゆのこだわりなど競い合って美味しいうどんを全国に広め、さぬきうどんの名も全国隅々まで知れわたりました。意外ですが各大手チェーン店の本社は香川県以外にあるとか。

でも本物のさぬきうどんはやっぱり香川県でなくてはなりません。高松の商店街、繁華街には本場のさぬきうどんのお店がたくさんあります。チェーン店ではなく昔から地元で営んできている店です。高松で地元の方と飲むと1次会は瀬戸内の美味しい魚の和食屋、2次会はスナック(これは全国大体共通)、最後の〆がなんとさぬきうどんなのです。釜揚げさぬきうどんでさっぱりと〆るのも香川ならでは。

さぬきうどんの特徴はやはり麺のこしの強さです。さぬきうどんの看板を掲げているチェーン店のうどんと香川県の本場のさぬきうどんではこしの強さが全く違い、本場の麺はかなり強いです。でも名古屋の味噌煮込みうどんのような芯が生っぽく硬いのではなく、麺全体に歯ごたえがあるのです。しかも茹で上げたばかりのもちもちとした弾力の食感はたまりません。

暖かいだしの効いたつゆに入った定番の食べ方でも、濃い目のつゆを茹でたての麺にかけるいわゆるぶっかけもよし、茹でたての麺をつゆに付けて食べる釜揚げなど本当に多種多様です。ねぎ、しょうが、ごま、天かすのりなど薬味も本場さぬきうどんには忘れてはなりません。お店にはたくさんの種類の薬味があります。

好みで言わせていただくと、小豆島の草壁港フェリー乗り場にある「三太郎」の生醤油うどんが最高です。お店はフェリーのお客さんがついでに寄るかと思わせるようなごく普通のうどん屋さんの佇まい。でもこの店の茹で上げたてのうどんはツアツヤと光輝いています。注文してから茹で上げます。つややかな茹でたて麺に、うどん用醤油(小豆島は醤油の産地)を垂らして、しょうが、天かす、のり、ネギを乗せて、バァッとかき混ぜ、うどんを啜る。柔らかく、コシがあり、喉越し良く、もちもちとした食感と醤油と薬味の旨みが絡み合い、最高の味わいです。これはここでしか味わえません。みなさんにも食べて欲しい秀逸のうどんです。