小学校での英語学習の意義

アメリカの小学校ではこうやって英語を教えている  英語が話せない子どものための英語習得プログラム ライミング編

日本では、英語学習は中学生からスタートする時代が長くありました。しかし、日本人の英語力を国際的に比較した場合に、決して高い水準とは言えない状況を踏まえ、小学校での英語教育がスタートしました。では、小学校での英語学習にはどのような意義があるのでしょうか。

まず1つは、音声に敏感な時期に学習を始めることで、英語の発音になれやすくなる意義があります。個人差はありますが、年齢が低い子供ほど音声に敏感で、ネイティヴの話す英語を聞く機会を多く設けるなどすれば、よりよい発音ができたり、リスニング能力が高まったりすることが期待されます。

さらに、様々なものごとに興味・関心が向いやすい時期から英語学習を始めることで、英語に対して興味を持つ子供の割合が増える可能性があります。中学校から英語学習を始めた人の中には、「英語=暗記科目=つまらない」と考え、英語学習に積極的に取り組まなかった人がいます。確かに、中学校ではテストで高得点をとっていかないと上位の高校に進学しづらくなるなどの理由から、無理やり単語を詰め込んだり、例文を暗唱したりといった努力を重ねる必要が英語にはあります。小学校のときから英語を始めることによって、単語を覚えるという努力を要する作業に対しても、日本語とは異なる発音の響きを楽しむなどの救いを見出せる可能性が高まります。

加えて、ほぼ単一民族であり、国内で使用される言語も大半が日本語、という環境で暮らす子供たちにとって、英語学習は異文化についての理解を深めるきっかけとなりえます。英語学習をすることにより、国によって使われて入る言語が異なることに違和感を覚えにくくなる効果が期待されます。グローバル化が進む時代において、国際的な交流が活発化しており、異文化理解を進める必要性が高まっています。英語学習を単なる言語の習得とだけとらえるのではなく、視野を広げる貴重な機会としても活用すれば、より小学校での英語学習が有意義になるといえます。