小学生にはどんなタイプの参考書が最適?

中学入学準備小学の総復習全科英語つき | 学研教育出版 |本 | 通販 | Amazon

中学生や高校生であれば、参考書選びは子供に任せることができます。いっぽう、小学生だとなかなか自分で参考書を選ぶことができません。そのため、周囲の大人がかわりに選んであげる必要があります。では、小学生にはどんなタイプの参考書を選んであげるとよいのでしょうか。

まず、書き込み式の参考書が望ましいです。ただ読むだけのタイプだと、大半の小学生は退屈してしまいます。興味が持てないと、せっかく参考書を学習したつもりになっていても、中身をほとんど吸収できていない可能性が高いです。また、書き込みをすることで、漢字を正しく書く練習にもなります。なかなか勉強に取り組んでくれない小学生でも、空欄を埋める必要があることは理解してくれるケースが多くあります。子供の勉強嫌いに苦しんでいるなら、書き込み式の参考書を与えてみましょう。

さらに、2~3色程度で紙面が構成されているのが理想的です。モノクロだと難しそうなイメージを与えてしまい、内容が優れていたり、基本的であったりしても、小学生にとってはハードルが高くなってしまいます。ではカラフルであればよいかというと、そうではありません。参考書は絵本ではないので、興味を引くだけでは不十分です。カラフルすぎると色合いにばかり意識が向いてしまい、肝心の学習内容に集中できなくなる懸念があります。黒と赤、それに青が加わるなど、数色程度の色分けがなされているかどうか、参考書選びの際にはチェックしてあげてくださいね。

サイズは、A4程度が望ましいです。小さすぎると、文字が見づらかったり、書き込みをするスペースが少なすぎたりといった問題が生じます。だからといってあまりにも大きすぎると、小学生の体のサイズに合わなくなります。大きな参考書を使わせてみるとわかるのですが、ページの上側を見たい場合などに、身を乗り出す必要が出てしまいます。図鑑など、見ることだけを目的にする書籍ならよいのですが、書き込むとなると不便ですね。正しい姿勢を守りながら勉強が進められるよう、サイズの大きすぎる参考書は避けましょう。