小学校での理科実験は科学への興味を育む

【科学工作】化学 とげとげもこもこ結晶作り実験キット

小学校での理科実験は、早い段階から理科に対する興味を高めるために有益だとされています。その一方で、実験の準備をする教員側には負担が大きいことや、小学校によって実験設備の質に差があり、学習のしやすさに差が生まれてしまいやすいといった問題点が指摘されています。できる限り工夫をして教員の負担などの問題点を緩和し、生徒の学習意欲を高めたいものです。

実験をすることで、小学生は理科に対する関心を持ちやすくなります。理科のテストは嫌いでも、実験の授業は好きという小学生がいることからも、実験は比較的多くの小学生にとって楽しさを感じられるといえます。したがって、学習に対する意欲を高め、のちのちの学習をスムーズに進めるためにも、理科実験は効果的な取り組みだといえます。

ただ、教員にとって負担となることは事実です。授業で実験をするためには、実験器具がそろっており、安全性は確保されているかどうかを把握した上で、教員があらかじめ実験を行って手順を確認しておくなどの活動が必要となります。保護者対応などさまざまな業務で忙しくなりがちな教員にとって、理科の実験準備は大きな負担となります。とは言うものの、小学生の学習意欲を高める効果が期待できる理科実験を削減することは好ましいとは言い難いです。

そこで、教員負担を削減するために、実験準備のための要因を確保するという方策が考えられます。ただ、この方策は教員の数自体が削減されようとしている中で、コスト面から難しいといえます。したがって、実験に対する関心が特に強い小学生を中心に、課外活動として実験の準備を手伝わせることが1つの解決策として挙げられます。この解決策では、放課後の委員会活動やクラブ活動として実験準備を取り入れることができれば、教員の追加的な負担を削減することができます。子供たちにとっても、授業時間が限られてしまう中で課外活動としても理科の実験に関する取り組みを行えることで、学校での学習に対する好感度が高まる可能性があります。