英語精読の意義とメリット

東大名誉教授と名作・モームの『赤毛』を読む 英文精読術 | 行方 昭夫 |本 | 通販 | Amazon

英語学習では、英語にたくさん触れる「多読」のほかに、英文構造などを丁寧に解釈する「精読」と呼ばれる英文の読み方があります。精読は多読よりも多くの今季が求められるため、英語学習者の中には精読を避けて学習を進める人もいます。しかし、精読をすることには一定の意義があります。いったいどのような意義があるのでしょうか。

精読をする意義は、より難解な英文が登場した際に、ある程度意味がとれるようになることです。多読を繰り返していると、自然な英文の内容をスピーディーにとらえる力は向上します。しかし、文法構造が複雑な英文が登場した場合には、多読で培ったスキルだけでは太刀打ちできないことがあります。その点、精読を行って構文解釈をする訓練を積んでいれば、難解な英文の構造を的確にとらえ、意味を把握しやすくなります。

また、多読をすると多くの英文を読むこととなり、「量」での成果が目に見えやすくなります。一方、多読をしても「質」の面で素晴らしい成果を上げたとの実感がなかなか持てない場合があります。そんな場合には、精読を行い、英文構造を1つ1つ丁寧にとらえていくことにより、1つずつハードルを超えていく喜びを味わうことができます。英語を母語としない場合、英文を読むことは一種の暗号解読です。英語にも暗号と同様に、「文法」という一定のルールがあります。多読はルールをもとに文章を解読するというよりも、全体像を大まかにつかむ、という方向性なのに対して、精読では暗号を丁寧に解読する、という方向性が重視されます。暗号解読をしている意識で精読に臨むと、楽しみながら取り組みやすくなるといえます。

精読の能力が高まってくれば、英語で記述された学術的な文章に取り組むことも可能になってきます。自分が関心のある分野について、日本語の書籍だけでは情報が不十分だと感じられた場合には、英語で書かれた文献に当たれるようになるのです。自らの関心を広げやすくなる点も精読訓練のメリットといえます。