インターナショナルスクールのメリット・デメリット

子どもをインターナショナルスクールに入れたいと思ったときに読む本 | 平田久子 |本 | 通販 | Amazon

日本でも英語教育への熱が高まっています。英語を教科として学習するのは、現在は中学1年生からですが、これを小学5年生に早める検討もなされているくらいです。ただ、すでに家庭レベルで英語教育に力を入れているところもあります。こうした家庭では、子供をインターナショナルスクールに通わせているケースが見られます。では、インターナショナルスクールにはどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。

まず、子供が英語に親しむのには好都合です。英語で日常会話を行うため、生活に必要な英語を身に着けることができます。ただ、特に子供の年齢が低ければ低いほど、ビジネスで使えるような英語を習得することは難しくなります。将来的に海外で生活させるのでなければ、メリットはそれほど大きくありません。実際、帰国子女が日本の英語のテストで必ずしも高得点をとれないことがあります。リスニングでは高い能力を発揮する一方で、文法などの理解がおろそかになりがちだという問題も指摘されています。

このように、インターナショナルスクールは必ずしも子供の将来に役立つ力を身につけさせてくれるとは限りません。また、適切な日本語でのコミュニケーション能力が養われるのかについても不安が残ります。日本語は英語などのほかの言語に比べて、習得が難しいとされています。そのため、幼少のうちから多くの言葉や表現に触れ、自然に習得することが望ましいです。

ただ、英語教育が重視されている以上、幼少のころから英語に触れさせることには一定の意義があるといえます。そのため、近くの英会話教室に通わせるなど、習い事の1つとして英語に触れさせれば良いのではないでしょうか。ただ、中途半端に英語に触れさせる場合、子供が英語の習い事を嫌う可能性があります。その場合には無理に英語に触れさせすぎず、いったん止めさせた後、学校での英語学習をしっかりと行えば十分かと思います。無理に英語を押し付けると英語嫌いになってしまい、受験などで英語が必要とされる際に大きなマイナスになりかねないので注意してくださいね。