艦これチュートリアル番外編 ~小ネタ的なもの~

 

艦これにまつわる少し小ネタ的なものをいくつかまとめてみます。

課金

艦これはゲーム開始当初、無課金で遊べる範囲が非常に広いことで好評を博したゲームです。これは今でも共通する部分は多く、基本すべての要素を課金無しで遊ぶことが可能です。

この部分は運営の大英断と言っても良いと思います。

ただ、今のゲームの規模では半ば課金は必須要素になりつつある、とも言えるかもしれません。ゲームが進行するに従ってどんどん投入され続けてきた新艦娘がその原因の一つです。

今、実装されているすべての艦を一通り保持しようと思ったら、「母港拡張(1回1000円)は必ず複数必要になります。」

母港の拡張無しでイベントなどでドロップするレア艦を押さえておこうと思えば、レアリティの低いコモン扱いの艦を諦めて破棄しなければなりません。基本の母港枠が全然足りなくなっているのです。

ガチャに重きを置く他のブラウザゲームやソーシャルゲームと比べ、艦これは今でも課金の必要性が非常に小さいことには変わりはありません。ですが、完全無課金プレイを続けるには、ある程度の諦めも必要になっています。

母港枠の件も含め、艦これもやはり課金をした方がプレイはかなり楽になります。

最も効果的な課金はやはり母港枠の拡張でしょう。次は、修理用のドック、船渠の拡張でしょうね。

あと育成重視のユーザーであれば、ケッコンカッコカリの書類一式が重要な要素になるかもしれません。艦これではケッコンカッコカリが唯一の艦のレベルキャップ開放手段ですので。

イベントなどの難易度が劇的に変化するわけではありませんが、ケッコンカッコカリで伸びる艦の性能は地味にゲームの難易度にも影響を及ぼすはずです。

高速修復材(バケツ)や資源、改修資材(ネジ)に課金を行うことは、運営の見解と同様に著者もあまりお勧めは出来ません。

攻略Wikiとのつきあい方

イベント開催時などには、艦これも攻略Wikiに寄せられる情報が極めて役に立ってくれます。ルート固定情報などの攻略に役立つ情報は、数多くのユーザーによる検証の力を本当に見せつけられる思いがします。

膨大なサンプルによるシステムの各種解析などの情報も、驚くほどの高い精度を持っています。

イベント時、時間をかけてゆっくりとクリアするつもりならば、攻略Wikiにある程度の情報が集まるのを待ってから攻略を開始すれば、資材等々を大幅に節約することも可能になります。

ゲームクリアのための解析まで自分で出来るだけやりたい、というユーザー以外は、是非攻略Wikiの情報を活用しましょう。最近のイベントの難易度は、どうも攻略Wikiの情報があること前提、といったレベルになってきている気もしますので。

その代わりと言ってはなんですが、攻略Wikiを参考にしてはあまりよろしくなさそうな情報もあります。

通常時コメントを書き込んでいる常連さんたちのプレイ感覚やプレイスタイルは、あまり気にしない方が良いのではないかと思います。

攻略Wikiの常連さんのある程度の割合は、ユーザーとしてかなりハイエンドなスペックを持つ人たちです。艦これの上級者も上級者。まさしく歴戦の提督さんたち、そういう人ばかりと考えた方が安全です。

どこか「非常に高レベルなプレイが基本」みたいな雰囲気になっていますので、恐らく一般的なユーザーの感覚とは全く違うプレイ感になっていると思います。

そういった部分は、ちょっとキツイ物言いをするなら「真に受けない」というのが正しいつきあい方になるでしょう。

ランカー

著者は一度だけ、イベント終了後の「隙を突いて」ランクが500位以内に入ったことがあります。

他の提督さんたちが戦果稼ぎをしにくい状況の中、必死で戦果を稼ぎまくってのギリギリでの滑り込みでした。正直、下手なイベント以上に資材も消費して、精神的にも疲れたかもしれません。

今はもう100%不可能だと思います。

ランカーを目指すのならば、今の艦これの状況では、ある程度現実社会側の生活も艦これに合わせて調整する必要があるだろうと思います。色々な生活の時間割を艦これ側に合わせたものにする必要があるでしょう。

毎月のExtra Operationに6-5海域が追加になってから500位以内のランクに滑り込むには、戦果値で2200~を稼ぐ必要があると思います。

EO海域を全部クリアしての特別戦果値が合計1030。これ以外に1200以上の戦果を稼ぐ必要があります。ここにかなり多くの時間が必要になります。

今の艦これで、もっとも戦果を稼ぐ効率が良いのは5-4海域だと思います。

資源を使いすぎずにたくさん5-4を周回するには、潜水艦隊による出撃が極めて有効なのですが、道中、かなりの確率で自動D敗北するマスがありますので(潜水艦同士の対戦になるマス)、こちらのやり方でランカーを目指す場合には、統計値上の勝率はある程度諦める必要があります。

500位ギリギリでも、恐らく毎日5-4を15周回程度は回る必要があります。1周回7分で回すとすると、戦果稼ぎの5-4出撃だけで毎日単純計算で105分、2時間近くを要することになります。

そのほかにもデイリークエストやウィークリー、マンスリークエストを回すなら…。1日のかなりの時間を艦これに割り当てる必要があるのがおわかりになるかと思います。

そういった調整が可能なのでしたら、ランクインに挑戦してみるのも良い経験になるかもしれません。