両国国技館と周辺界隈は相撲の聖地である

実際に相撲が行われるのは年6回の本場所と地方巡業の2パターンあり、このうち両国国技館では、1月(初場所)、5月(夏場所)、9月(秋場所)の年3回開催されております。残りは大阪(3月)・名古屋(7月)・福岡(11月)なので、奇数月に本場所があることになり、偶数月には地方巡業が行われております。

両国国技館はJR両国駅から歩いてすぐの位置にあり、画像の薄緑色の屋根の建物です。

両国国技館

出典:国技館のご案内 概要 – 日本相撲協会公式サイト

本場所が開催されている時期に行くと、実際に相撲を生で観戦できますが、最も安くても2200円(自由席)が必要になる上、最近では相撲人気が過熱状態になっており、午前8時前までに並ばないと、即日観戦は難しくなっております。それ以外の時期は基本は閉まっておりますが、施設内にある相撲博物館だけ空いている期間に行くと、中に入ることができ、そこでは昔にお相撲さんが使っていた化粧廻しや歴代の優勝記録などの展示物が2ヶ月ごとに入れ替えて展示しておりますので、相撲に関しての知識を深めることができます。お金もかかりませんので、私はこの時期を見計らって最低年6回国技館に行って相撲に関する興味を高めております。

両国国技館の周辺には相撲部屋というお相撲さんが毎日生活する寮が点在しており、早朝には力士たちが稽古している様子を生で見学することもできます。ただし、事前に連絡が必要な部屋もあるので注意が必要です。

また、周辺にはちゃんこ鍋というお相撲さんが毎日食べる鍋料理を味わえる飲食店がJR両国駅を中心に点在しております。店によって味付けや具材がかなり異なっておりますのでいくつも回って食べ比べるという楽しみ方もあるのではないでしょうか。値段は確かに3000円以上する所が多く、決してリーズナブルとは言えませんが、ちゃんこダイニング安美のようにランチタイムでは1000円以下で食べることができる所もあります。

両国国技館と、その周辺は相撲好きにとっては聖地といえる場所なのです。