追い詰められる人がいること「介護殺人」

2018年4月7日

介護殺人:追いつめられた家族の告白 | 毎日新聞大阪社会部取材班 |本 | 通販 | Amazon

介護の問題は現在の高齢化社会では尽きることのない課題です。そして、課題は複雑化したり対処しても新たな課題が生まれたりしています。介護の問題は行政だけでは到底追い付かなくなっていて地域コミュニティの支えも必要になっています。

この本では、介護の末の介護殺人について書かれています。家族を介護するのは当たり前という風潮も残っている部分があります。しかし、家族での介護には限界があります。愛する家族ゆえに介護が長期化すればするほど家族の疲労も計り知れないものになってきます。

様々な介護殺人について書かれていますが、取材班が色々と介護殺人について調べていくと思わぬ事件もあったりと、具体的な内容がありそこに家族の心理や介護の真実が読み取れます。

長期の介護ではやはり先が見えないということで、いつまでこの介護という苦しみに耐えればいいのか、出口の見えないトンネルほど怖いものもないという現状や、介護殺人に追い詰められるまでになぜ防げなかったのか、その介護のなかでは介護のプロでもあるケアマネージャーも関わっていることがあります。家族や介護される側の声を聞き、現場の悩みは尽きないでしょう。しかし、そのなかで最善が尽くせたのか、結果論にはなるかもしれないけれども介護の専門家も悩んでいるのです。

自分が同じように介護者となった時に果たしてどのような気持ちで、日々の介護が出来るのか、その課題を投げかけられているようでもあります。在宅介護には限界があり、それはいつ訪れるか分からない、そのこともきちんと考えた行政や地域社会の仕組みのあり方の必要性を感じさせられる一冊です。