老いてもなお幸せに「老いた親を愛せますか」

2018年4月7日

[岸見一郎]の老いた親を愛せますか? それでも介護はやってくる (幻冬舎単行本)

老いは誰にでもやってくるものです。道を歩いていても杖をついている人や車イスに乗っている人、様々な高齢者がいます。そして、高齢者のためのシルバーシートも今では当たり前のくうかんになっています。そのような中で自身の親ももちろん老いていくのです。そのような現実をきちんと受けとめていくことが出切るのでしょうか。

この本では家族の介護について書かれています。両親から教えられた生きるということがどういうことなのか、それは倒れた母親から学んだことでもありました。母親が出来ないことも出てくるなかで、その出来ないこということをきちんと言語化して伝える大切さがあります。また、父親からは亡くなる直前までじぶんらしく生きるということを著者は教えてもらっています。

著者は両親が生きているときに、現実の介護や老いていく両親の姿からなかなかその現実を受け入れがたい時期もあったようですが、ありのままの現実を受けとめて、現在を生きていくという大切さを感じ、今目の前で生活している父親を認めて、現在の親の姿と向き合って受け入れています。

そして、老いていく両親との関係性の築き方についても、感情的にならず相手になにかを求めたり期待するということはしていません。ありがとうという言葉がなくても、何かをしていくということが日常では必要になるのです。

現在を生きていくということは親の老いも目の前にあるのだからそこから目を背けずに、今という時間を大切に過ごしていこうとする家族関係について書かれており、家族の大切さや家族だからこそ出切ることが学べる一冊です。