誰もが最期を迎えるその時に「おひとりさまの最期」

2018年4月7日

おひとりさまの最期 | 上野千鶴子 |本 | 通販 | Amazon

いま、おひとりさまと言われる人は増加傾向にあります、おひとりさまと言って、若い人が一人でカフェやカラオケ、居酒屋な行くなどということもありますが、この本では、おひとりさまで生活してきて最期まで、どのような生活を送り過ごしていくかということが書かれています。

誰もがおひとりさまという生活になるであろう可能性はあります。結婚していたとしても配偶者との別れもあるかもしれません。

在宅で生活したいけれども一人では日常生活がままならなくなってきたときにどうしたらよいのか、そんなときに使える制度なども紹介されています。

介護保険制度もあり、様々な日常生活、買い物や掃除、食事作りなどを手伝ってもらえる制度もありますが、医療面の必要性が出てくることももちろんあります。介護も家族では限界があり、始終一緒にいられない核家族、子どもが働いているなど家族関係も多様化しています。

在宅ホスピスとも言われたりしますが、在宅で治療、看護をされながらどのような在宅生活を送っていくのかその人の臨む最期までを医療チームやケアマネージャーなどを含めみんなで考えていくのです。看取りをマネージメントしていく必要があります。在宅で最期を迎えるためにはかなりの制度的な部分での準備の他に精神的な部分での準備も必要になるでしょう。在宅死を選択するときにやはり、誰もが在宅死を選べるということでもないようてす。ある程度の条件もあるのでそれを満たしていなければ在宅での最期を迎えたくてもその望みが叶うことは難しいのかもしれません。住み慣れた街、自宅で最期を迎えたい、そう望む人がいるのも当然で、それぞれ自分の価値観などで自身の生き様を考えているのです。

自己の決定で在宅での最期を選んで行く人はどのような気持ちなのか、容易に想像できることではありません。ただ、おひとりさまの増えるなかで誰もが自分自身のこととして、最期の時について真剣に考えておく必要があるのは確かなのかもしれません。