最期まで安心した生活を送るために「ひとり終活 不安が消える万全の備え」

2018年4月7日

ひとり終活: 不安が消える万全の備え (小学館新書) | 小谷 みどり |本 | 通販 | Amazon

若いときはどうにかなると思って一人暮らしをしていて、貯金して将来の生活費を試算したり毎月の日常生活にかかる費用など具体的には考えてない人も多いかもしれません。もちろん、漠然と老後の資金は必要であるし、老後のために何かしておいた方がいいかなという思いは多かれ少なかれあるでしょう。
年を重ねる毎に不安も増えてくるのは生きていれば当たり前かもしれません。年々、体の衰えなどの健康面での心配や衣食住の心配も現実味をおびてくるかもしれません。

老後の生活で介護が必要になったらどうしようとか判断能力が低下してきたらどうしよう、倒れるというようなことがあったらどうしたら良いのか、不安材料は沢山あるのかもしれません。それを解決するために元気で動けるうちに行動しておくことが大切なのでしょう。それが、この本で問題それぞれについて解決策を取り上げています。

一人暮らしでも安心な高齢者向け住宅として、高齢者専門の住宅もあります。よく、有料老人ホームという言葉やコマーシャルを目にする機会も増えてきています。介護が必要であれば介護付きの高齢者住宅もあります。やはり、誰かの目があったり話をする人ができるというのは日々の生活のなかに安心感を与えてくれるし、少しの困りごとでもすぐに解決できるかもしれません。

次に、認知症や判断能力低下のときのために事前に任意後見制度を決めておくということもあります。自分で判断できなくなる前に、安心して財産や色々な意志決定を助けてくれる人を決めておければ、判断能力の低下があってもその人に相談したり判断を仰いだりできるのは心強いでしょう。

また、急に倒れたらどうしようという不安に対応するために見守りサービスというのもあります。これこそ、いざというときの備えかもしれません。けれど、もし倒れたらというのは高齢者であれば多くの人が心配することなので、この心配が少しでも軽減されることは気持ちも少しは楽にしてくれるでしょう。

そして、葬式や墓の手続きなどを代行してもらう死後事務委任契約、という備えもあります。死後のことまでと思うかもしれませんが、自分が死んだ後に他の人、しんぞくや知人に迷惑をかけたくないと亡くなった後のことを心配する人も多いようです。亡くなったら誰か親族がどうにかしてくれるというような時代ではないのかもしれませんが、それだけ、地域だけでなく親族間も希薄な関係になってきている部分もあるのでしょう。

一人暮らしの高齢者への調査では、今のままの一人暮らしが良いという考えの人が8割り近くいるようです。そのためにも何が出来るか限りある人生を豊かに過ごせるように元気なうちから出来ることをしておくことが求められているのかもしれません。
困ったときのことの解決策を知っておくことは安心した生活を送るには大切なことであり、心持ちも少しは軽くなるでしょう。老後の不安が消えるように万全の対策を自分らしく生きていくために行っておくことが今の時代には大切であるということを教えてくれる一冊です。