【笑いと恐怖は紙一重】芸人の怖いコント、怖い漫才まとめ②

お笑い芸人の怖いネタの記事パート2です。怖いと思いきや笑えてしまったり、逆にさっきまで面白かったのに急にゾッとしてしまうようなところが、怖いネタの魅力だと思います。

YouTubeのものとニコニコ動画のものを貼りました。なぜかニコニコのプレイヤーが表示されない不具合がありますが、タイトルをクリックしていただければ元動画に飛ぶようになっています。

 

しずる 「だるまさんがころんだ」

しずる 「だるまさんがころんだ」

田沼さんという50代の男性が登場します。そして、「だるまさんがころんだ」の言い方で「田沼さんが転んだ」と「人生でも転んだ」と田沼さんのストーリーが展開されていくというものです。

突然、田沼さんが死にたくなったと言い、田沼さんの物語の急展開が起こり、人間の怖い部分みたいなのが現れていく怖い話になっていきます。最後はお笑いのオチじゃなくてホラーのオチですね。

 

大人気パンサーの傑作コント 「銀行強盗」

公式チャンネルに投稿されているパンサーのコント動画のまとめ記事でも紹介しましたが、パンサーの傑作コントである銀行強盗のネタです。3人のうち一人がどう考えても銀行強盗であり、本人は否定しつつも話が進むにつれ粗が出ていくという流れです。前半は普通のコントですが、オチがわかった上で見返すと前半も若干怖いです。

 

0808 パンサー いい加減、気づかない!?

0808 パンサー いい加減、気づかない!?

金が足りておらず困っている向井さんが、友人二人から飲み会代を回収しようとしますが、金の話はハッキリ言いづらいということで、少しずつ飲み会代を匂わせていくと言うネタです。そのため、「いい加減、気付かない?」というセリフが多く使われていきます。しかし、二人は何を忘れているのかわからず、なかなか気づかないどころか別のことに気づいていき、いやそれじゃないよと正していく流れです。ところどころ墓参りだとか不穏なワードがでてきすね。突然、年齢が3つ違うなど変な情報も入ってきますが、伏線として回収されます。

途中、アドリブのくだりに入りますが、ネタの中で一番大きな笑いが起きています。やはりコントなどのネタでは台本よりもアドリブの方がウケる傾向があります。

 

アリtoキリギリスという芸人の怖いコントです。サムネからしてすでに血が見えています。殺人犯が出たと言うニュースがあり、血まみれの父親がその当人じゃないのか、という話の流れです。怖いコントでは、パンサーの銀行強盗ネタなど、見るからに怪しい人が出てくるパターンが多いですが、このネタもそれですね。

殺人犯は耳を切り落としたと言う特徴があり、この父親もやたら耳に話を寄せていきます。耳かと思いきやパンの耳かよみたいな感じで、緊張と緩和が面白いです。怖いコントというのは、怖さで緊張を高めることで、その分緩和で笑えるのかもしれません。

 

【お笑い・コント】チュートリアル「刑務所の面会」

トリオネタをするパンサーは怖いネタが多く、上に二つの怖いネタを紹介しました。チュートリアルは純粋な面白いネタが多いようで、意外と怖いネタがあります。その一つが、この刑務所の面会です。

チュートリアルはM-1で「チリンチリン」というネタで優勝しました。ボケの徳井さんが自転車のチリンチリンに異様に興奮し盛り上がって崩れていくというものです。このように、徳井さんが一人で暴走するネタがチュートリアルでは有名ですが、この刑務所の面会も、一見徳井さんが一人で暴走していくという形式です。

ただ、最後に怖いオチが入るのが、「チリンチリン」や「冷蔵庫」など他の徳井さんが暴走していくネタと違いますね。最後、面白いオチじゃなく怖いオチなので、会場も微妙な笑いです。

 

チュートリアルのコント「葉」

チュートリアルの公式チャンネルにあるネタを紹介する記事でも書きました。自殺者をテーマにしたちょっと重いネタであり、オチも「こんな死に方ないわ〜」というものです。少し狂気じみた感じが怖くあり、そして面白いですね。

 

次長課長 「同窓会」

怖いネタとしてよく取り上げられるのが、バナナマンのルスデン、千原兄弟のダンボ君、劇団ひとりの304号室青木などですが、この次長課長の同窓会も有名です。

同窓会に自分のことをさっとんと呼ぶ謎の男が来て、彼は自分のことをつっちょんだと言います。思い出させるために学生時代の出来事や友達のことを色々話していきますが、何一つわかりません。おそらく人違いだろうとなるなか、オチで急に空気が変わります。

 

おわりに

以上が怖いネタの二つ目の記事でした。芸人の怖いネタは他にも多くあり、3つ目の記事も書くかもしれません。

笑いと恐怖は紙一重という話を聞きますが、例えばチュートリアルの面会のネタで言えば、いつも暴走している徳井さんが実は普通で、普通そうにしている福田さんに問題があったというように、最後ちょっとオチを入れるだけでネタが一気に怖くなります。普段のネタで「チリンチリン」や「冷蔵庫」に興奮して情緒不安定になっている徳井さんのネタはとても面白いですが、少しホラーテイストにすれば怖いネタになるのかもしれません。